ケンタの日本全国スタバ旅 (Starbucks trip)

日本のコンセプトストアを制覇した「スタバ旅行家」のケンタが47都道府県のスタバを巡りまくる!

*

読書日記(49)「ばらばら死体の夜」桜庭一樹 〜ふわふわした人生を送るのもあると思います!

      2016/10/09

こんにちは。昨日からテンテコマイのケンタ(@kentasakako)です。

数年前の話ですが、ある女性と話していた時に痛烈に思い出した小説があります。

それがこの「ばらばら死体の夜」なのです。

 

 

僕も「高等遊民」になりたかった。

 

この小説は、「吉野解」という文学者と「白井沙漠」という女性とで繰り広げられるある種のミステリー小説です。吉野は大学教授としてそこそこの成功を収めるのですが、その段階に至るまでの彼の思想は少し変わっています。

以下は妻の舅との会話です。

 

「あのころ、俺の究極の夢は高等遊民になることでしたからね」

「高等遊民?何だ、そりゃ」

「たとえば、大学で出世して、偉い教授になるとか、有名な本を訳して世間に名を馳せるとか、使い切れないほどの富を所有するとかじゃなくて。俺はずっと貧しかったから。金の心配をせずに、好きな本を読みふけり。あくせく働かずに、本当にやりたい仕事だけを選んで。つまり、ひたすら趣味に耽溺したいと……。それこそが人間の一番の贅沢だとね。」

つまり、吉野はお金に縛られずに好きなことをやって生活をしていきたいと所望するのです。

「高等遊民」という概念。

僕もできればこの遊民になりたいとここ10年くらい思っているのですが、現実は遠く及ばず……。

 

お金は暴力性がある。だから金持ちは寄付をするのだ。

 

吉野は、お金の使い方を知らない上にプライドも高いため、借金地獄に陥ってしまうことになります。

そんな吉野に舅はこう切り返します。

 

「解くん。本来ね、金ってものには暴力性があるんだよ

「え、暴力性?お金に?そんなことないでしょう。だって人を豊かに、幸せにしてくれるものじゃないですか。」

「いやいや。金はね、なければ人を干上がらせるし、あればあったで嫉妬や恨みを買ってしまう、ひどくやっかいなものだよ。」

「あぁ、それはわかりますけど。お義父さん」

「うむ。だからね、たくさん持ってるってだけで、持たざる人たちにとっての、ある種の暴力となるのだ。恨まれないためには、どんどん使うことだ。欧米の資産家たちが、目に見えるかたちで多額の寄付による社会貢献をするのは、なにも心優しいからではないよ。あれは世の中の共通敵にならないための高度な自衛手段なのだ。

 

もうね、ぐうの音もでないほどの真実ですよね。
身も蓋もないファクトですよね。

僕は小説だからこそ、このようなリアリティを持った文章が身にしみるのだと思います。

 

なぜ僕はある女性と話していた時にこの小説を思い出したのか?

 

数年前、僕はある女性と話をしていて、ふと「あ、この人、白井沙漠に似てるな。」と思ったのです。

どこが似ていたのか?

この小説を読めば分かるのですが、沙漠の持つ「ふんわりとした」人間性なのです。これは悪い意味でもいい意味でもありません。

何だろう?完全に流れに身を任せているような空気かな。

それを象徴するように、沙漠は、自分自身のことをこう称しています。

 

桃はすごく立派なのにたったの500円で2つも買えた。

桃は、女そのものみたいだった。お嬢様学校出で、育ちがいいはずなのに、いったいなにごとかあったのか、いまや正規のJAを通さず軽トラの荷台で売られている。

 

自分で人生を設計したり、人生を切り開いていく人もいれば、ふんわりと流れる人もいるんだなぁ。

と思ったら……

僕と話していた、その彼女は「しっかりと自分を持っていた人」でした。

ちゃんちゃん。

 

スポンサーリンク

 
スポンサーリンク

 - 読書日記

おすすめ記事

Comment

  1. 白羚 より:

    高等遊民の作法は現代なかなか重要と思います。
    お金は概してトラブルの原因ですから。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「マネーロンダリング」ってなに?そんなときは橘玲の小説「タックスヘイブン」を読んでおきましょう。

貧乏人の立場で言いますが、金持ちはなにげにコストがかかるんですよね。 お金を管理 …

no image
災害は人生を変える機会なんですよね。〜「持たざる者」金原ひとみ

先週の東北スタバ旅で、ぼくは金原ひとみの「持たざる者」という本を携えていました。 …

「情報を集めるほど損をしている」ってホント?〜「損したくないニッポン人」高橋秀実著

先日、高橋秀実さん著「損したくないニッポン人」を読んでいると共感するところがあり …

1億円の収入よりも大事なことがあるでしょ。〜「風に舞い上がるビニールシート」森絵都

会社を辞めるとついついこんなことを考えてしまいます。 「ああ、会社に勤務していれ …

ぼくはこの13ヶ月失敗しまくろうと思う。〜「英雄の書」黒川伊保子

気付けばもう師走ですね。というかもう12月3日ではないですか! もう師走も3日経 …

大前研一の本で考える。子供への教育よりまずは自分と妻へ投資してみたら?

久々に大前研一の本をパラパラ読み返しました。 「訣別-大前研一の新・国家戦略論」 …

読書日記(31)「修羅の宴」楡 周平 〜「なぜ高学歴の人は起業しないのだろう?」

こんにちは。ケンタ(@kentasakako)です。 さて今日で仕事納めの方も多 …

読書日記(33)「弱いつながり」東浩紀 〜「自分からキルな!キラれるのは仕方ない!」

  こんにちは。ケンタ(@kentasakako)です。 今年もあと2 …

近代の日本を語るときに読んでおきたい船戸与一の「風の払暁(満州国演議1)」

亡き船戸与一さんの大作が全9巻完結しました。その名も「満州国演義」。 最近は文庫 …

読書日記(40)「リアル・スタートアップ~若者のための戦略的キャリアと起業の技術」塩野誠 〜いいですか。同じ1年を何度もやってはいけません。

  おはようございます。成人の日、いかがお過ごしでしょうか? ケンタ( …