ケンタの日本全国スタバ旅 (Starbucks trip)

日本のコンセプトストアを制覇した「スタバ旅行家」のケンタが47都道府県のスタバを巡りまくる!

*

読書日記(52)「砂のクロニクル(下)」船戸与一 〜人は誰だって事情というものがあるんだよ。

      2016/10/09

おはようございます。ケンタ(@kentasakako)です。

昨日の読書日記「砂のクロニクル(上)」の続きとして、今回は下巻をご紹介したいと思います。

ご参照)読書日記(51)「砂のクロニクル(上)」

 


砂のクロニクル〈下〉 (新潮文庫)

 

グルジア人の女たらし、ゴラガシビリが凄い!

この小説で舌を巻くのは、ハジだけではありません。
個人的に「凄まじい人物だな」と思ったのはグルジア人のゴラガシビリという運び屋です。彼はすさまじい性欲と金銭欲を持っているのですが、それ以上に彼の体験が面白いのです。

以下は、銃を2万挺タンカーに詰め込んでバクーからカスピ海を渡りイランへと向かうシーンです。

 

このタンカーの積載量は1万トンはあるが、荷崩れを起こして70トンが船倉の中でどっちかに片寄ったら、船体のバランスがおかしくなる畏れがないわけじゃない。だが、ゴラガシビリは焦りはしなかった。船倉を調べてみようという気にもならなかった。
もっとすさまじい嵐の夜に冬のバルト海を小さな漁船で渡り、エストニアのタリン港まで武器を運んだことがあるのだ。あれを想えば大したことじゃない。そんなことより今は眠っておくべきだろう。
昨日は睡眠時間が不足しているし、今日は夜っぴいての作業が待っている。

 

もし船体が傾いても海に放り投げられても何とかなるものなのだろうか?

冬のバルト海を漁船で武器を運ぶなんてことが人間に出来るのだろうか?

彼こそが船戸作品で頻繁に出てくる「化け物」なのです。

 

論理だけが全てじゃない。人はだれだって事情があるんだ。

 

あの隻脚の日本人がこのイランの辺境で何をしているのか知らないし、これからどうするつもりかまったく見当もつかない。だが、はっきりさせておこう。たとえこの肉体がぴんぴんしていても、そんなことを詮索する気はさらさらない。

人にはだれだって事情がある。どれだけ説明しても理解してもらえないことがあるだけじゃない。自分自身ですらなぜそんなことをしたのか分かってない場合もずいぶんあるのだ。あの隻脚の日本人も絶対に答えられない問いをたぶんいくつか持ってるにちがいない。

 

なぜ、君はこんなことをしたのか?」

こんな風に怒られている時、僕たちはその理由をロジックを組み立てることでそれらしく説明しようとします。

 

でも。

「自分でも何でこんなことしたんだろう?」という考えに陥ることがありませんか?少なくとも僕はこの人生で何十回も経験しました。

 

人には誰だって事情がある。
それを理解してもらうのはすごく難しいし、自分ですら分かっていない場合がある。

船戸作品の底流にはこのような人生訓が隠されているのです。

 

スポンサーリンク

 
スポンサーリンク

 - 読書日記

おすすめ記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

読書日記(38)「金融が乗っ取る世界経済」ロナルド・ドーア〜投資家に必要なアウトルックを磨こう!

  おはようございます。快晴の土曜日ですが少しドタバタしているケンタ( …

「余命二億円」を読んで命の有限性を思う。

ぼくの父親は30年前に心筋梗塞にかかりました。 今から何年も前のことですが、その …

読書日記(24)「ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく」堀江貴文

実は、僕はこの本を前にして、「いやいや、どうせよくある自己啓発書でしょ」と思って …

「WORK SHIFT」を読むとなぜか友だちが欲しくなった。

今さらですが、リンダ・グラットンの「WORK SHIFT」という本を読みました。 …

読書日記(43)「リーマンショック・コンフィデンシャル(下)」アンドリュー・ロス・ソーキン 〜「馬を買うときは騎手もいっしょに買うことにしているのでね」

  こんばんは。今日は雨で寒かったですね、ケンタ(@kentasaka …

初心者必読!株式投資を始める前に読みたい小説が545円で買えます。〜「波のうえの魔術師」石田衣良

先日、群馬にスタバ旅へ出かけたときに携行していた本が石田衣良著「波のうえの魔術師 …

読書日記(27)「スタバではグランデを買え!」 吉本佳生 〜「取引コストとは?」

このブログを開始してから、僕は「スタバ」という存在に取り憑かれているようですが、 …

起業するにはまず独占せよ!ピーター・ティールの「ZERO to ONE」論争

「ゼロからイチを作ることが大切だ。」 このようなフレーズはよく言われていますが、 …

もしアラフォー男子がはあちゅうの「とにかくウツなOLの、人生を変える1ヶ月」を読んだら

今日やっと、はあちゅう著「とにかくウツなOLの、人生を変える1ヶ月」を1週間かけ …

読書日記(41)「狭小邸宅」 新庄耕 〜僕に必要なのは「営業力」。「買いましょう」という6文字が言える?

  こんにちは。ケンタ(@kentasakako)です。 さて、僕は去 …