ケンタの日本全国スタバ旅 (Starbucks trip)

日本のコンセプトストアを制覇した「スタバ旅行家」のケンタが47都道府県のスタバを巡りまくる!

*

読書日記(67)「君に友だちはいらない」瀧本哲史 〜ぼくに友だちがいないたった一つの理由とは?

      2016/10/09

おはようございます。ケンタ(@kentasakako)です。

今日の夜から、寝台列車で四国へと向かう予定です。
むだに緊張しています。

さて、今日ご紹介するのは「君に友だちはいらない」という本です。

いいタイトルですよね。
今回は、この2つがポイントとなります。

(1)社畜は辛い。でも、社畜から脱するために何してる?

(2)ぼくがあえて友だちを作らない理由とは?

 

スポンサーリンク

 

★社畜は辛い。でも、社畜から脱するために何してる?

みんな我慢して、会社にしがみついている。
そして、本心では自分のやりたい仕事を熱望している。

すごく分かります。

それって何とか自分で解決できないでしょうか?

筆者はこう述べています。

私はさまざまな仕事を経験して、数多くの人々と働いてきた。
その経験からつくづく思うのは、
「やりたい仕事、属したい組織がなければ自分でつくるしかない」
ということである。人生において働いている時間は長い。

その長い時間を自分の成長に資する仲間とともに働くか。
それとも、「ごますり」と言って語弊があれば、「社内調整能力に長けている」だけの尊敬できない上司や夢は語れど、それを実現しようとする志はない同僚とともに過ごしていくのか。

僕も15年以上社会人やってて思うのですが、社畜歴が長ければ長いほど抜けられないんですよね。

社畜がめちゃくちゃ辛いのも分かります。
ぼくはそれで精神を病みましたから。

でも、筆者の瀧本さんはこうまで言っているんですよ。

 

 

人間は合理的に動いていない組織に長期間属していると、物事をロジカルに考える能力が確実に低下していく。そういう組織に順応すればするほど頭が悪くなり、組織に順応することができなければ精神を病むことになる。順応しきってしまった人は自覚症状を持つことができないまま、言い訳能力と、自己欺瞞力だけが向上していくのである。

一般的にロジカルに動いている企業というのは少ないですから、サラリーマンは自然と頭が悪くなっていくはずです。

必死で抗わないといけません。

ぼくがサラリーマンのうちに秘かに準備しているのは、「自分を表現する術」です。今はまったくマネタイズができていませんが、皆さんもとにかく何かを始めないといけません。

惰性でサラリーマンを続けていくと「自分に嘘をつくのが上手」になってしまいますよ。

 

★ぼくがあえて友だちを作らない理由とは?

子どもを見ていると「人間は社会的生物なんだな」と痛感します。
ぼくは子どものころ社交的でなかったのですが、なぜか自分の娘には友だちがいるようです。不思議です。

一方、ぼくは友だちが少ないです。というかほとんどいません。

ここで「そもそも友だちって何だよ」という定義から始まると収拾つかないのですが、少なくとも利害関係がなく会話してて面白いようなイメージが友だちのイメージですかね。

さて、この本のタイトルにもなっている「きみに友だちはいらない」本当の理由は以下に集約されています。

 

大切なのは、「冗長性の少ないネットワーク」をなるべく持つことだ。冗長性とは情報科学でよく使われる言葉で、「無駄や重複がある状態」のことを言う。
つまり、「冗長性の少ないネットワーク」というのは、自分がこれまで所属してきたネットワークと重なる部分が少ないネットワークのことだ。

より簡単にいえば、「自分のことを知らない人たち」ばかりがいるネットワークの方が、自分にとって価値が高いということである。

たとえば、いつも同じランチメンバーでコミュニケーションをとっても、大した情報を得られないし、自分のキャパシティも広がらないんですよね。

どんどん新しい人と会って、知見を広げること。

もし「友だち」のせいでそれが出来ないのであれば、「友だち」は少なくてもいいのです。

 

(ご参考ー過去ログ|「僕は君たちに武器を配りたい」)
読書日記(60)「僕は君たちに武器を配りたい」瀧本哲也 〜リスクについて考えた挙げ句、僕は武器を持って戦うことにした。 | ケンタの日本全国スタバ旅(Starbucks trip)

スポンサーリンク

 

 
スポンサーリンク

 - 読書日記

おすすめ記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

不遇なときこそ自分のスタンスを貫こう!〜「アウトサイダーの幸福論」(ロバートハリス著)

スポンサーリンク ●突然、頭が真っ白になった。   6月初旬。 ぼくは …

「マネーロンダリング」ってなに?そんなときは橘玲の小説「タックスヘイブン」を読んでおきましょう。

貧乏人の立場で言いますが、金持ちはなにげにコストがかかるんですよね。 お金を管理 …

どん底に落ちてしまったとき、末井昭の「自殺」を読んでおきたい。

しばらくネットから距離を置こうと思ったぼくですが、ゼロからもう一度やり直したいと …

新入社員へ告ぐ!藤本篤志の「社畜のススメ」を読んでとりあえずガッツリ社畜になろう。

4月も一週間がすぎ、街では新入社員のスーツ姿がちらほら見られますね。 彼ら彼女た …

こんな自己啓発は買うな
こんな自己啓発本は読んではいけない。

ずっと遠ざけていたのですが、最近、自己啓発系の本などをパラパラと読んでいました。 …

「金があるから幸せ」ではなく「幸せだからお金がついてくる」。〜「孤独の科学」ジョン・T・カシオポ著

スポンサーリンク ●幸せってなんだっけ? 最近、「幸せ」について考えています。 …

物理学は永久に数学に追い付けない!〜「プリズム」百田尚樹

  男性が女性の観点からストーリーを描く、ということが私には出来るのだ …

育児がいかに壮絶か!〜「マザーズ」金原ひとみ

育児は大変です。 実際にぼくが育児を通じて経験したことがこの「マザーズ」に凝縮さ …

読書日記(26)「あの男の正体(ハラワタ)」牛島信 〜「失敗の瞬間をとことん味わう重要性」

この本の著者の牛島さんは「株主総会」や「株主代表訴訟」などの企業経営についての小 …

あなたの人生は「失う日々」ですか?「積み重ねる日々」ですか?〜「ロストデイズ」大崎善生

先日、大崎善生さんの「ロストデイズ」という小説を読んでいました。 すると、ぼくと …