ケンタの日本全国スタバ旅 (Starbucks trip)

日本のコンセプトストアを制覇した「スタバ旅行家」のケンタが47都道府県のスタバを巡りまくる!

*

読書日記 (10)「フリーエージェント社会の到来」ダニエル・ピンク

   

 

大学を卒業して14年。

「サラリーマン」という身分に……未だに馴染めません。

しかも、定年の年齢が60歳から65歳に引き上げられ(今後さらに引き上げられるでしょうが)、「僕はあと30年間、サラリーマン生活を継続できるのか?」と自問自答すると、答えは「NO」です。きっぱり「インポシブル!(不可能)」と答えられます。

特に、私が苦心しているのは「組織に馴染むことが出来ない」ということなのです。

●じゃあ、「組織」に縛られず仕事してみたら?

ダニエル・ピンクは本書でそう提起しているのです。

その中でも、個人的に印象に残ったのは以下の部分です。ミスボーンという銀行員がフリーエージェントになると通告した場面です。

 

「会社に残る方がリスクは大きいと思った。だんだん閉塞感が高まっていった。人脈も狭まるばかりで、知り合いは会社の同僚だけ。これは危険なことだと思った。」

とミスボーンは言う。

 会社員時代のミスボーンは「仕事の分散」を行っていなかったのだ。最良のリスクヘッジの方法は、様々なプロジェクトや顧客、技能などをもつこと。

すなわち、仕事を「分散」させることである。

(108ページ)

 

 

今や、この考え方は「主流」になりつつありますね。

本屋に行くと、「副業」「独立」「週末起業」というテーマの本が乱立しています。ネットでは、「好きなことを仕事にしましょう」と喧伝されています。

確かに、会社にどっぷり漬かっているリスクはかなり大きいでしょう。しかし、私のように勢いで退職してしまうことだけは辞めた方がいいです。(あぁ、私はバカだ……)

やはり、会社員のステータスのままで「仕事の分散」をするべきだと思います。なぜなら、日本社会はまだ雇用の流動性が高くないからです。つまり、一度会社を離れてしまうと、転職はまだ難しい状態になってしまいます。

まずは、上記のミスボーンを反面教師として「仕事の分散」を図りましょう。

私も今、必死で「仕事の分散」を行っている最中です。

それでは!

スポンサーリンク

 

 
スポンサーリンク

 - 迷走日記, 読書日記

おすすめ記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「お金はババ抜きのジョーカーである」

最近、お金について考えることが多くなりました。 お金って稼ぐのも難しいですが、使 …

速読だけが読書じゃない!11年かけて読書するとこんなにツッコミ力が増すのか〜「時間のかかる読書」宮沢章夫

スポンサーリンク ここ最近、ぼくは本を読むのがめっぽう遅くて悩んでいます。遅読で …

(英語メルマガ発行)誰も知らない全米のクレカ事情!

今日の午後に英語メルマガを発行しました。 全米のクレジットカードのシステムが今年 …

うつの「どん底」から立ち直るためにぼくが実行した7つのこと。

スポンサーリンク アンラッキーが続いて塞ぎ込んだ日々。それでも毎日ブログを書いた …

no image
読書日記(36)「30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由」杉本宏之 〜「夢」や「目標」は管理するべきだろうか?

  こんばんは。 明日からのスタバ旅に備えているケンタ(@kentas …

はじめてセミナー講師をやってみて思った。「何事もやってみないと分からない。」

先日、「ブログ文章術セミナー」の講師をさせていただきました。 あれ?こんな声が聞 …

38歳なのにまだ「人生を変えたい」と思っているぼくはやっぱりアレですか?

スポンサーリンク 正直に言うと、ぼくは38歳にもなってるのにまだ人生を変えたいと …

2015年の目標を振り返ってみたら、達成度がえげつなかった。

いよいよあと半日で2015年が終わろうとしています。 皆さんはこの1年間どんな一 …

自分の力で売り上げよう!

  「値上げしてもいいんじゃない?」 え! 僕は自分の耳を疑いました。 …

Twitterで世界を知ろう!(2015年1月27日)NYの大雪の続報 〜”It will pick up at 9 PM”

  おはようございます。最近寝不足のケンタ(@kentasakako) …