ケンタの日本全国スタバ旅 (Starbucks trip)

日本のコンセプトストアを制覇した「スタバ旅行家」のケンタが47都道府県のスタバを巡りまくる!

*

どん底に落ちてしまったとき、末井昭の「自殺」を読んでおきたい。

      2016/10/10

しばらくネットから距離を置こうと思ったぼくですが、ゼロからもう一度やり直したいと思います。

いや、マイナスからのスタートです。

 

スポンサーリンク

ぼくは言葉の力を借りて「生きよう」と思った。

 

うつ泥沼の中で長文を読むのは辛いので、「自殺」というエッセイ本をレビューしてみました。

ネガティブなことを発言することによってどんどん読者が離れていくことは百も承知です。しかし、人生の局面では辛いことが連続して続くこともあります。

こんなときは言葉の力を借りましょう。

そこで今回は、本書から「生きるため」に必要な言葉を借ります。

 

いじめられて、自殺するところまで追い込まれたら、ひきこもってしまえばいいのです。ある期間、学校や会社と遮断してしまえば状況も変わります。みんなと同じ時間軸で生きていく必要なんかありません。一年くらい休んだって、長い人生から見れば微々たるものです。

また一人で何かやりたい人にとっては、学校なんて必要ないのです。勉強しようと思えば、学校なんか行かなくてもいいのです。やめちゃえばいいのです。

 

ぼくは直接的にいじめられている訳ではありません。
ただ、人生に絶望的になってしまったので、もっと気楽に生きていってもいいのかな、と思いました。

 

お金で苦しんでいる人へ。

 

著者の末井さんはこうも言っています。

借金で苦しんでいる人は、ないものはないと居直ってしまえばいいんじゃないかと思います。別に命まで取られるわけではありませんから。それで、自分で返せる範囲で返していけばいいのです。それがたとえ毎月1000円でも。それができなければ自己破産という手段もあります。自己破産した人も知っていますけど、ちゃんと生活しています。それに、何も持たない無一物の人だって世の中にはいっぱいいるのですから。

 

最近、ぼくはいろいろな人の話を聞きます。
ひきこもりにも関わらず、です。

その中でもホームをレスしている方とお会いすることもありますが、お金を持っていないからといって人生を悲観している訳ではありませんでした。

いや、真逆です。

お金がないからこそ開き直って、人生を楽しんでいるように見えました。

ぼくは、お金がないから悩んでいるのではありません。
もっと人生を楽しむためにお金を使うべきなのかもしれません。

 

人生はどのタイミングで変わるかわからない。

 

生きるのが苦手な人へ。こんなエピソードがあります。

俺、中年紳士が「私は女子高校生を見ながらもうオナニーはしません」って、その一言で人生ってだいぶ変わったんですね。

〜略〜

それがどうだって言われればそうですけど、そういうくだらないことでもその瞬間に俺の人生ってちょっと変わったんで、俺がしたいことは突き詰めていくとそこなんです。すごい生きるのが苦手だった人がちょびっと楽になったりする瞬間があって、そこに目に見えないつながりをつくることができたら、そこに信仰の力を感じるんです。

 

人生はどこで変わるか分かりません。

そして、どん底であえいでいる人にとって今がチャンスなのかもしれません。

どんなことで「どん底」になっているのか見つめ直してみると。

今が変わる転機になるのかもしれません。

 

最後に、生き続けるためのメッセージを。

 

生きづらい。そんな時に、末井さんのこんな言葉を思い返してみてください。

 

どうせロクでもない社会なんだから、真面目に自分を突き詰めるんじゃなくて、もっといい加減に生きたらいいのに、と思う僕は強い者だからでしょうか。

 

もしいまあなたが、自殺しようかどうか迷っているのでしたら、どうか死なないで下さい。そこまで自分を追い込んだらもう充分です。あなたはもう、それまでの自分とは違うのです。今がどん底と思えば、少々のことには耐えられます。そして、生きていて良かったという日が必ず来ます。

それでも自殺を思い止まることができなかったら、とりあえず明日まで待って下さい。その1日があなたを少し変えてくれます。時間にはそういう力があります。ほんの少し、視点が変わるだけで、気持ちも変わります。そして、いつか笑える日が来ます。きっとーーー。

 

 

人生には時間が解決してくれることもたくさんあるのです。

ぼくもこれから時間をかけて、じっくりと立ち直ります。

 

迷走は続く。

 

 

スポンサーリンク

 

 
スポンサーリンク

 - 読書日記

おすすめ記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

もしアラフォー男子がはあちゅうの「とにかくウツなOLの、人生を変える1ヶ月」を読んだら

今日やっと、はあちゅう著「とにかくウツなOLの、人生を変える1ヶ月」を1週間かけ …

会社員だけが仕事ではない!〜「(日本人)」橘玲 

こんにちは。今日の関東は雨模様ですね、ケンタ(@kentasakako)です。 …

読書日記(23)「ビット・トレーダー」樹林伸 

振り返ってみると今年は、金融関係の小説を読むことが多かったのですが、この小説では …

投資術だけではない!橘玲の「黄金の扉を開ける賢者の海外投資術」はサラリーマン必読です。

スポンサーリンク 「サラリーマン債券」の概念は知っておいて損はない。 &nbsp …

お金は墓場まで持っていけません。〜「貸し込み」黒木亮

おはようございます。ケンタ(@kentasakako)です。 今週はスタバ旅の移 …

読書日記(49)「ばらばら死体の夜」桜庭一樹 〜ふわふわした人生を送るのもあると思います!

こんにちは。昨日からテンテコマイのケンタ(@kentasakako)です。 数年 …

宝田明さんの終戦記録がすさまじくて1分くらい茫然としてしまった。

スポンサーリンク 今日はゆっくり新聞を読もうとしたところ、壮絶な記事を見つけまし …

とえあえず怪しい人にはついていこう!〜「間違う力」高野秀行

さて、「無職」になったぼくはある本を手に取りました。 「間違う力 オンリーワンの …

木下古栗の「グローバライズ」がシュールすぎる。
もはや意味不明!木下古栗著「グローバライズ」がシュールすぎて逆に面白い。

いやー、久々に貴重な読書経験をしました。 木下古栗著「グローバライズ」です。 こ …

no image
読書日記(36)「30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由」杉本宏之 〜「夢」や「目標」は管理するべきだろうか?

  こんばんは。 明日からのスタバ旅に備えているケンタ(@kentas …