ケンタの日本全国スタバ旅 (Starbucks trip)

日本のコンセプトストアを制覇した「スタバ旅行家」のケンタが47都道府県のスタバを巡りまくる!

*

人生がうまくいかない時にこそ熟読したい「クリエイティブマインドセット」〜「今のうちに小さな失敗をしておこう!」

      2016/10/10

正直、最近とても辛いです。

心身ともに疲弊していて、誰とも会いたくないという精神状態。

でもこんな苦しいときこそ、ぼくはブログを書こうと思っているのです。

ぼくのように、季節の変わり目でちょっと辛いという方はこの「クリエイティブマインドセット」をちょっと読んでみてください。

焦らなくていいです。熟読しましょう。

 

クリエイティブ・マインドセット 想像力・好奇心・勇気が目覚める驚異の思考法

 

成功を積み重ねる前に「小さな失敗」に慣れておこう

 

ぼくたちがなぜ行動できないのか。
それは恐怖が染み付いているからです。

失敗するとどうなるかの恐怖。

 

恐怖を払拭するために失敗と向き合う価値を直感的に理解している人物といえば、私たちの友人のジャン・キャス・キャスディだ。

〜略〜

彼が自分の著書「ぶきっちょのためのジャグリング入門」で真っ先に教えているテクニックは、2個のボールのジャグリングでも1個のボールのジャグリングでもない。もっと基本的なテクニック、つまり「落とす」ことだ。

ステップ1は、3つのボールを空中に投げ、そのまま落とすだけ。それをひたすら繰り返す。ジャグリングを学ぶにあたり、不安は失敗から生まれる。つまり、ボールを床に落としてしまうことから生まれるのだ。そこで、キャスはステップ1で、ジャグリングを学ぶ人に失敗に慣れさせようとしているわけだ。すると、ボールを床に落とすことのほうが落とさないことよりも当たり前になる。失敗に対する恐怖さえ克服してしまえば、ジャグリングはずっとやさしくなるのだ。 

 

想像してみてください。

ジャグリングを学ぼうとする人がただひたすらボールを落としているだけなのを。

滑稽ですかね。滑稽ですね。

でも、ぼくはこの姿勢こそすごく大事だと思っています。

まず、ぼくたちは「失敗」に慣れるべきなのです。特に「簡単な失敗」を経験しておくべきなのです。

ぼくの例でいくとブログ。

どんなにバカみたいなことでもブログで発信し続ける。ぼくは今、それに挑戦しているのです。今年いっぱいはブログは「失敗」の連続でしょう。このエントリーもジャグリングで言うところの「ボールを落としている」のです。

 

行動できないのを時間のせいにしてはいけない!

 

あるプロジェクトを成功させたふたりの開発者のことを指してこのような記述があります。

 

 

パルスの開発を始めてからの数ヶ月間を振り返ってみると、ふたりが数々の点で正しい行動をとったのがわかる。

計画をなるべく減らし、行動をなるべく増やした。どれだけ緻密な計画を立てても、初期の実験の結果によっては、すぐに使い物にならなくなってしまうとわかっていたからだ。そのため、すぐさま潜在顧客と対話を始めた。

●お金をかけずにどんどんプロトタイプを作り、何千回も修正を施すことで最終的には超人気の製品を完成させた。

ふたりは時間の制約があったにもかかわらずーいや、あったからこそー成功した。目の回るようなペースでクリエイティブなアイデアを生み出さなければならないという制約が、かえってふたりの刺激になったのだ。

 

どんな分野でもいえることですが、PDCAサイクル(*)をどれだけ早く回せるかが一つの成功のカギとなります。

(*)PDCAとは「Plan」(計画)「Do」(試行)「Check」(検証)「Act」(実行)という一つのプロジェクトプロセスのこと。

日本人は計画を立て過ぎな傾向にあります。
つまり、Plan の段階で留まってしまうのです。実にもったいない。

PDCを一刻も早くこなしてActしないと。

PDCA→PDCA→PDCA→PDCA→……

このサイクルをいかに早く回していき、どんどんマーケット変化に対応していくこと。これこそが、大企業にはできないぼくたち個人が出来る戦略なのです。

 

さらにもう一つ。
時間の制約を言い訳にしてはいけません。たとえば、「時間がないからブログが書けない」とかいう言い訳をぼくレベルの素人ブロガーが言ってはいけないのです。

ご存知の方もいるかもしれませんが、ぼくはエントリを書くときはいつも、時間を測って公開しています。例えばこの記事は、約50分で書いています。(記事下に記載)

これでも時間がかかりすぎです。目標は30分。

このような時間の制約こそがぼくを鍛えてくれます。

 

 

……あ、話をぶったぎるのですが、そういえば今日ついに日経平均が20000円突破しましたね。

この週末はちょっと株式投資プロジェクトも練り直します。

これもね、いち早くPDCAを回さないといけないんですよね。

 

 

 

迷走は続く。

スポンサーリンク

 

 
スポンサーリンク

 - 読書日記

おすすめ記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

読書日記(23)「ビット・トレーダー」樹林伸 

振り返ってみると今年は、金融関係の小説を読むことが多かったのですが、この小説では …

読書日記(40)「リアル・スタートアップ~若者のための戦略的キャリアと起業の技術」塩野誠 〜いいですか。同じ1年を何度もやってはいけません。

  おはようございます。成人の日、いかがお過ごしでしょうか? ケンタ( …

ダメ!この問題を解けない人は借金したらダメ!〜とりあえず「カイジ」読む?

スポンサーリンク   「しくじり先生」を見てたらカンニング竹山が借金に …

ギャンブルに人生を賭けたい人はまずこの小説を!〜「波の音が消えるまで」沢木耕太郎

沢木耕太郎さんの小説「波の音が消えるまで」を読み終えました。 この本は上下巻合わ …

大前研一の本で考える。子供への教育よりまずは自分と妻へ投資してみたら?

久々に大前研一の本をパラパラ読み返しました。 「訣別-大前研一の新・国家戦略論」 …

読書日記(29)「独立国家のつくりかた」坂口恭平 〜「そのお金って本当に必要?」

先日、「ぼくはお金を使わずに生きることにした(マーク・ボイル著)」という本を紹介 …

もしアラフォー男子がはあちゅうの「とにかくウツなOLの、人生を変える1ヶ月」を読んだら

今日やっと、はあちゅう著「とにかくウツなOLの、人生を変える1ヶ月」を1週間かけ …

読書日記(17)「無花果の森」小池真理子

  この作品は、ざっくり言うと「夫のDVから逃れるある妻の逃避ストーリ …

芥川賞の羽田圭介さんの「メタモルフォシス」が壮絶すぎる件

先日、芥川賞と直木賞の第153回受賞発表がありましたね。 世間ではピースの又吉さ …

綿矢りさの「夢を与える」を読むと恋愛ボキャブラリーが著しく増加する件

こんにちは。ケンタ(@kentasakako)です。 僕は作家として綿矢りささん …