ケンタの日本全国スタバ旅 (Starbucks trip)

日本のコンセプトストアを制覇した「スタバ旅行家」のケンタが47都道府県のスタバを巡りまくる!

*

読書日記(11)「バイアウト」真山仁

   

 

著者の真山仁さんは「ハゲタカ」や「ベイジン」などのM&A関連の小説が多いです。この小説は「ハゲタカ」の続編のようなイメージで読むと分かりやすいと思います。

 

さて、この小説のあらすじを簡単に説明すると……

「外資系ファンドが日本企業を買収する」というストーリーです。

(バカみたいな説明ですみません!)

企業買収に絡み、国際的企業がいろいろな展開を繰り広げるのです。その中でも、欧米と日本のビジネス意識に大きな違いがあると思いました。

以下はそれを端的に述べた記述です。

 

その一方で、勝ち組と言われた月華もシャインも自らの体制をより強化するために挑んだ闘いに敗れた。舞台が欧米であれば、彼らが敗れる事はありえなかったはずだ。

だが、日本では優良企業であっても何一つ思い通りにならない。

企業価値を表す様々な数値をいくら誇っても、自己資産を蓄え、無借金経営を続け、さらに社会的に高い評判を得ていても、それが勝利の方程式とはならない。
この国(日本)では劇的な変化を警戒し、突出したものを抑え込む社会装置があるようだ。

勝つために手段を選ばないものは必ずこの抑制装置によって制圧され、伝統に弓引くものは伝統に復讐される。

一体この国とは何なのだろうか。我々は何を求めているのだろうか?

 

また、幸田真音さんも、同じタイトル(「バイアウト」)で作品を出していますが、両者に通ずるところは、

●日本企業の異常さ

なのです。

ここで言う「異常」というのは、真山さんが表現しているように「出る杭は打たれる」ということですね。

ほとんどのサラリーマンってちょっとでも個性を見せようものなら最後。自分が「変わりたい」と思っても、周囲の人や上司はガンガンに突き戻してくるのです。「outstanding position」を許してくれないのです。

上司はこのように絶叫するのです。

「私たちはおとなしくサラリーマンを全うしているというのに、お前だけ変わるなんて許さないぞ」

 

そりゃ、日本人は横並びになっちゃうわ。

そりゃ、日本の起業率が全く上昇しないわ。

いいじゃん。みんなドンドン変わろうよ。ね。

 

スポンサーリンク

 

 

 
スポンサーリンク

 - 読書日記

おすすめ記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

読書日記(17)「無花果の森」小池真理子

  この作品は、ざっくり言うと「夫のDVから逃れるある妻の逃避ストーリ …

開成高校野球部のストイックが好きです。〜「弱くても勝てますー開成高校野球部のセオリー」

スポンサーリンク ●高校生活ってどんな感じだっけ?   選挙権が18歳 …

読書日記(54)「放っておいても明日は来るー就職しないで生きる9つの方法」高野秀行 〜勝ち組とか負け組って一体なんだろう?

おはようございます。ケンタ(@kentasakako)です。 今日は、最近ちょっ …

不遇なときこそ自分のスタンスを貫こう!〜「アウトサイダーの幸福論」(ロバートハリス著)

スポンサーリンク ●突然、頭が真っ白になった。   6月初旬。 ぼくは …

読書日記(61)「まぐれ(投資家はなぜ運を実力と勘違いするのか)」ナシーム・ニコラス・タレブ 〜「ゴチになります」なんて言わなくていい!

  おはようございます。ケンタ(@kentasakako)です。 皆さ …

奴隷サスペンス「ささやかな手記」で震えがとまらない。

ぼくは以前から「人間の限界」ということに興味があったのですが、最近、壮絶な物語を …

読書日記(49)「ばらばら死体の夜」桜庭一樹 〜ふわふわした人生を送るのもあると思います!

こんにちは。昨日からテンテコマイのケンタ(@kentasakako)です。 数年 …

金持ちの最大の悩みは「お金があること」〜「ザ・ニューリッチ」ロバート・フランク

ぼくのライフワークの一つは「お金」について研究することです。 もっといえば、お金 …

「座りすぎは第2の喫煙」という新説を羽田圭介の「スクラップ・アンド・ビルド」で痛感した。

最近、「座りすぎ」がもたらす悪影響が話題になっています。 こんな調査結果があるよ …

「お金」を貯めることよりも重要なこと。

本屋をフラフラしているとあるタイトルにひかれて手にとってみました。 「なぜゴッホ …