ケンタの日本全国スタバ旅 (Starbucks trip)

日本のコンセプトストアを制覇した「スタバ旅行家」のケンタが47都道府県のスタバを巡りまくる!

*

最新刊発売!「うつの技術(マインド編):会社を辞める前に知っておきたい13のこと」〜ぶっちゃけ、ぶっちゃけてます。

      2016/10/10

昨年2015年7月頃から何かに憑依したようにある「原稿」を書き続けていました。

それが、自分の半生をつづった「転落記」です。

その後も実はとりつかれたように書き続けているものがあります。

それが、「うつの技術」という本です。

言うまでもなくぼくは作家ではありません。
商業出版の経験はありませんし、ぶっちゃけ、Kindleで既刊の「転落記」もそれほど売れていません。

それでも、ぼくにはまだ書き足りないことがあったのです。
別に売れなくともいいから、届けたい人に届けるために書こう。

そう思ったのです。

では、何について書いていたのか?
それは……「うつ病の人が社会的にどう生き残っていくか」という永遠のテーマです。

 

うつで会社をサバイバルするには技術が必要だ。

 

ぼくは今までに休職を5回、復職を3回、転職を4回経験しています。

うつ歴が実に12年を超えました。
まさかこんなにこじれるとは自分でも思いませんでしたが、その中でぼくはいろいろな「経験」をしてきました。

正直、しょうもない「経験」です。

でも、ぼくはその「経験」を活かして様々な試行錯誤をしてきました。

そこからの教訓を自分の中だけで眠らせておくのは勿体ないと思って、今回Kindleで出版しようと思ったのです。

 

とりあえず、目次をごらんください!

 

ここで、この本の目次をご紹介します。  

(1)溺れる者は藁をもつかみまくれ戦略〜辛いときは絶対に遠慮しないこと! 

(2)「弱者スペック」を最大に利用まくろう! 

(3)大きく負けた後は小さく勝ちに行こう!〜僕は●●●万円をドブに捨てた。 

(4)生涯年収3億円を捨てるということ〜「人生をサラリーマン債券で考えよう」 

(5)うつ病の人が障害者として働くということ 
 (5−1)5回の転職で分かった自分の「リーマンバリュー」~ハイスペが逆に通用しない 
 (5−2)会社を居場所として考えること〜お金のために働くという意識を捨てること 
 (5−3)いろいろなオプションを考えておこう! 

(6)転職して気付く「1→3→5の法則」 

(7)うつ状態の時に決断してはいけない2つのこと 

(8)会社で辛いときにどうすればいいのか? 
 (8−1)フェイクエクセルを作り込む! 
 (8−2)なるべく水辺に近づく! 
 (8−3)定時を過ぎたら「オフ!オフ!」と叫ぶ! 

(9)休職の技術 
 (9−1)5回の休職体験で分かったこと 
 (9−2)身も蓋もない4つのアドバイス 

(10)薬との付き合い方を考えよう 

(11)できるだけ「バカ」な友達をつくろう!〜「バカ」は重要な資産である。 

(12)「やってみたい」という免罪符を使うな!即効で「い」を抜かそう! 

(13)臥薪嘗胆!絶対に「冷遇してくれた社会」のことを忘れない〜悔しさをバネにする。 

(あとがき) 
 

 

この本では可能な限り、ぶっちゃけています。

過去の年収の推移や「ほぼ全財産没収事件」で失った金額とか。
関西人が好きそうな「お金」の数字も具体的に織り込んでいます。

また、この本は島根滞在中に書き上げたので後半はテンションがおかしくなっているかもしれません……。

お求めはこちらからお願いします!!

うつの技術(マインド編): 会社を辞める前に知っておきたい13のこと

 

価格は581円です!
宜しくお願いします!!

スポンサーリンク

 

 
スポンサーリンク

 - 迷走日記, うつからの再起, はじめての電子出版(KDP)

おすすめ記事

Comment

  1. 老婆心ながら値段設定を間違えていませんか。
    個人出版の場合よほど特別なノウハウか体験談でなければ、簡単に500円を出して買うわけがありません。
    せめて298円以下を設定すべきでしょう。
    一度色々と参考になさって下さい。

  2. kenta より:

    kindleマスターさん

    コメントありがとうございます。
    2点あります。
    まず、Kindleマスターさんが読者の立場からおっしゃっているかという点、です。
    もう一点は、価格設定。
    価値は読者が決めることなので「高い」と思えば買わなければいいだけの話だと思います。確かに売るためには電子出版に相応した価格で売らないといけないでしょうが、ある種の参入障壁を価格に織り込んでいます。

    万人に「お安いのでどうぞ」と渡すような価格設定にはあえてしていません。
    これについては、また別途ブログで述べたいと思います。

    アドバイスありがとうございます。

kindleマスター にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

とりあえず、ボクシングの話をしよう。

  今日、僕は自分で自分を激しく叱責しました。「格闘技」というのを未だ …

いまだに思い出す坂爪圭吾さんの痛烈な一言。「他人に承認されなければ価値がないの?」

このブログで坂爪圭吾さんのことについて何度か触れました。 いまや雑誌やネットで飛 …

Twitterで世界を知ろう!(2015年2月2日)オーストラリア人ジャーナリストがエジプト刑務所から解放!I can’t thank you enough!

おはようございます。書くことが溜まりすぎて今日は早起きして一気にブログを書こうと …

(KDPプロジェクト−その4)下手でもいい!パワポで表紙を作ってみる!

KDPで出版する際に、ちょっとした困難が訪れます。 書籍にとってすごく大事な作業 …

貯金ではなく「働きつづける能力」を伸ばすことの方が超大事。

スポンサーリンク   ●カイジの生き様に見る「負けない哲学」 この10 …

38歳なのにまだ「人生を変えたい」と思っているぼくはやっぱりアレですか?

スポンサーリンク 正直に言うと、ぼくは38歳にもなってるのにまだ人生を変えたいと …

人生よりオモシロイ舞台なんてきっとない〜「舞台」西加奈子

西加奈子さんは関西人だけあってユーモアセンスが抜群ですね。 こんな友達が欲しいも …

(テリヤキファンドプロジェクト)4月の投資戦略を練り直す!

この土日で、ぼくはちょっと株式投資の戦略を練り直します。 ちょっと攻めます。   …

KDPプロジェクト(その8)〜差し戻された「EIN」

先日、アメリカの税務当局(IRS)から一通の手紙が来ました。 「やっと、アメリカ …

「第26回東京ブロガーミートアップ」に初参加してきた僕のまとめ!

  こんばんは。今猛烈に睡魔が訪れているケンタ(@kentasakak …