ケンタの日本全国スタバ旅 (Starbucks trip)

日本のコンセプトストアを制覇した「スタバ旅行家」のケンタが47都道府県のスタバを巡りまくる!

*

船戸与一さん追悼。あなたは隠れた名作「金門島流離譚」を知っていますか?

      2016/10/10

スポンサーリンク

ぼくの好きな作家である船戸与一さんが亡くなりました。

そこで今日は、ぼくの好きな作品である「金門島流離譚」をご紹介します。

 

絶妙すぎてしびれるイントロダクション!

 

ぼくは船戸与一さんを勝手に「イントロの神様」と名付けていますが、とにかくイントロが上手いんです。

この「金門島流離譚」は導入はこんな感じです。

 

 

「おれが人間とは記憶の集積体であるという崇高な哲理を発見したのは、イスラ・デ・シエロというチリ沖の島でだよ」

その男は新しいジンをなめながら言った。「わかるか、イスラ・デ・シエロ、英語に訳せば天国の島だ。ところがな、実際には地獄の島としか言いようがない。」

「どんなふうに?」

「その島にはな、どこかで何かをやらかし居たたまれなくなった連中が流れ着いて来るんだよ。過去の記憶に押し潰されそうになった人間がな。

〜略〜

けどな、どんな悲惨な状況であっても人間が棄てきれないものがある。それは何だと思う?」

「そんなことは考えたこともない」

虚妄だよ」

「え?」

人間は虚妄を棄てきれない。それを希望だとか義務だとか考えたがる。実際にはきわめて無意味なものであってもだ。いや、虚妄は虚妄だとわかっていても、それを棄てきれない」

開始早々に「虚妄」ですよ。
ぼくのボキャブラリーの棚には全く存在しない単語ですよ。

そこで、「虚妄」の意味を調べてみました。

虚妄:事実でないこと。うそ。偽り。 (スーパー大辞林3.0より)

そう。この小説は、金門島を背景として「現実」と「虚妄」が往来するようなストーリーが展開されるのです。

 

今こそ読んでおきたい「難民ビジネス」のバイブル

 

昨今、シリアから地中海を渡ってヨーロッパへ渡ろうとする難民が話題になっています。このような「難民」の背景には「難民ビジネス」が存在します。

そして、「金門島流離譚」では、そのような「アウトサイダービジネス」がテーマとなっているのです。

 

 

犯罪ビジネスを行う人間は厭でも政治に関心を持たざるをえない。ある意味では犯罪とは政治的な行為であり、政治とは犯罪行為なのだ。そして政治への関心は犯罪ビジネス関係者に豊かな想像力を与える。

わたしは自信を持って言おう。犯罪者こそ最高のイマジネーションの持主だ。

 

この小説を読むと、「白団」「黒ハイズ」「蛙人部隊」など中国のリアルを知る手がかりを得ることが出来ます。

 

「虚妄を棄てきれない」

ぼくもそうなんです。虚妄を棄てることが出来ないのです。

皆さま、いつか「イスラ・デ・シエロ」でお会いましょう。

 

改めて、船戸与一さんのご冥福を心からお祈り致します。

 

(関連記事ー過去ログ)

 

読書日記(16)「降臨の群れ」船戸与一 | ケンタの日本全国スタバ旅(Starbucks trip)

読書日記(51)「砂のクロニクル(上)」船戸与一 〜どうすれば個人で40億円の商売が出来るのか? | ケンタの日本全国スタバ旅(Starbucks trip)

 

 

読書日記(52)「砂のクロニクル(下)」船戸与一 〜人は誰だって事情というものがあるんだよ。 | ケンタの日本全国スタバ旅(Starbucks trip)

 

 

引きこもっている人にこそ読んで欲しい、船戸与一の「夜来香海峡」! | ケンタの日本全国スタバ旅(Starbucks trip)

(この記事は50分で書きました)9:50〜10:40

スポンサーリンク

 

 

 
スポンサーリンク

 - 読書日記

おすすめ記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

読書日記(21)「母の遺産」 水村美苗

この小説は、個人的に好きな作品です。もともとは読売新聞での連続小説だったのですが …

「ブログ飯」はブログ運営者必読の入門書です!

こんにちは。過去ブログのフォントサイズを地道に修正しているケンタ(@kentas …

読書日記(19)「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?」木暮太一

今日みたいに雨の日は、読書に限りますね。 しかも、タイトル通り「僕たちはいつまで …

読書日記(49)「ばらばら死体の夜」桜庭一樹 〜ふわふわした人生を送るのもあると思います!

こんにちは。昨日からテンテコマイのケンタ(@kentasakako)です。 数年 …

凹んでいる時にこそ唱えたい「人生はいじくり回してはいけない」理論

ブログを書いては消しを繰り返しているここ数日。かなり凹んでいました。 そこでふと …

人生がうまくいかない時にこそ熟読したい「クリエイティブマインドセット」〜「今のうちに小さな失敗をしておこう!」

正直、最近とても辛いです。 心身ともに疲弊していて、誰とも会いたくないという精神 …

【サラリーマンの確定申告】所得税が戻って来る「損益通算」というマジックとは?

今日新聞を読んでいると、こんな記事を発見しました。 架空所得で税還付、指南役ら告 …

とりあえず「ヘンな人になるための10か条」を作ってみた。〜トム・ピーターズより

  最近、トム・ピーターズの「トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦 …

no image
災害は人生を変える機会なんですよね。〜「持たざる者」金原ひとみ

先週の東北スタバ旅で、ぼくは金原ひとみの「持たざる者」という本を携えていました。 …

読書日記(16)「降臨の群れ」船戸与一

僕が船戸与一さんの本を読み始めたのは、「新宿・夏の死」という短編がきっかけでした …