ケンタの日本全国スタバ旅 (Starbucks trip)

日本のコンセプトストアを制覇した「スタバ旅行家」のケンタが47都道府県のスタバを巡りまくる!

*

(KDPプロジェクト−その7)リフティングチャージは絶対払いたくない?だったら新生銀行へGO。

   

今、スタバ旅と同時に「KDP出版プロジェクト」も立ち上げています。そして、KDPならではの「お金」の問題がいくつか出くわしました。ちょっと復習してみましょう。

まずは復習です。

 

KDP出版者がぶつかる最初の壁、それは印税率を自分で選択することから始まります。

▶︎こちらです▶︎「KDPセレクトにするか否か

また、アメリカ企業(Amazon)で所得が発生するため、通常ならアメリカで税引き前所得の30パーセントも源泉徴収されるという問題も記述しました。

▶︎こちらです▶︎「アメリカで源泉徴収されないためにEINを書いてみた

 

そして、今日紹介するのは最後にして最大の砦となるかもしれません。

 

「え、お前まで利益を取ろうとするの?」

 

「お金」という問題について言えば、これがひょっとして最も大きい障壁かもしれません。印税の利益をぶん捕ろうとする存在がいるのです。それは、他でもない「銀行」です。銀行はこのような表現を用いて手数料を取ろうとします。その名は……

●リフティングチャージ

これ、簡単にざっくり言うと、「外国からの外貨送金を引き出すための手数料」のようなものです。そして、いろいろと調べると私のメインバンクのM銀行では、リフティングチャージを2,500円も取るというのだ。

……それ、ナイよ。

だって、ここだけの話、私の本の「第一巻」を売り上げると、30円くらいの利益ですよ。ということは、83冊以上を売り上げないとトントンにもならないのです。

……それ、きついよ。

ということで、私は直接メインバンクのM銀行に聞きにいく事にしました。

 

あら、本当だわ。

M銀行の外貨担当の方に直接「リフティングチャージ」のことを聞くと、

銀行員:「はい。こちらの銀行に着金した時点で銀行からお客様にお電話します。そして、お客様の(リフティングチャージについての)確認後、口座に移動することになります。」

私:「もし外貨(ドル建て)のまま、お金を受け取りたいときはリフティングチャージはかからないのですか?」

銀行員:「円でもドルでもチャージの2,500円はかかることになります。」

うわ、本当だった。ダメ元で突っ込んで聞いてみる。

私:「新生銀行なら、リフティングチャージがかからないそうなのですが、御行も将来そうなる予定ありますか?」

銀行員:「いえ、それはちょっと分かりかねます。すみません」

そりゃそうだ。

 

新生銀行はどう?

M銀行から自宅に戻った私は、早速新生銀行に電話してみた。

私:「リフティングチャージについてお伺いしたいのですが、御行ではこの手数料がかからないというのは本当ですか?」

銀行員:「はい。当行の普通口座である『パワーフレックス口座』であれば、外貨を着金してもリフティングチャージはかかりません。」

す、すごい!しかし、こう付け加えられた。

銀行員:「ただし、経由銀行がある場合にはその経由銀行から手数料を引かれることがございます。」

私:「そうなんですね。そういうケースもあるんですか?」

銀行員:「はい。そのような場合もあるそうですが、当行からはチャージを課金することはございません。」

電話を切った私は、速攻でKindleのサイトから私の口座情報をM銀行から新生銀行に変更した。これ、速攻!

ということで、これからKindleで出版を考えていらっしゃる方は、新生銀行のパワーフレックス口座を作っておくといいと思いますよ。

 

ということで、今日私の新刊がKindleから発売されました。

 

最後に宣伝させて下さい!(すみません!!)

今日、私のうつ書籍の最新刊がkindleから出ます。シリーズ第4巻です。(第5巻が最終回です。)

「エリートサラリーマンのうつ転落記!(第4巻)〜時給1066円が教えてくれたこと」

冗長な文章ですみません、そしてありがとうございました!

スポンサーリンク

 

 
スポンサーリンク

 - 迷走日記, はじめての電子出版(KDP)

おすすめ記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

流山おおたかの森スタバ
毒舌コンサルタント「服部慎也」さんがブログではいいこと書いているのでまとめてみた。

最近、ツイッターで発見したコンサルタントの服部慎也さんのブログが面白かったので、 …

no image
(KDPプロジェクトーその2)KDPセレクトにするかどうか決断!

KDPのステップとしていくつかの問題点を解決しないといけないのですが、 最初に避 …

迷ったらやる

スポンサーリンク   ぼくは今のところリスクをとっても餓死はしない。 …

「休職」から「無職」に変わった瞬間にぼくがおちいった意外な心境。

今日付け(2015年9月2日)で、約3年半勤めた会社を退職することになりました。 …

「同窓会」とか「飲み会」はストップロスを設定しよう!

  こんばんは。ケンタ(@kentasakako)です。 今日は猛烈に …

ブロガーにとって「まだ東京で消耗してるの?」は登竜門だと思った。

今日の今日、イケダハヤトさんのブログ「まだ東京で消耗してるの?」に記事を転載して …

とりあえず、ボクシングの話をしよう。

  今日、僕は自分で自分を激しく叱責しました。「格闘技」というのを未だ …

祝99回目!そこで今年最後に読み返した僕の3つのエントリーをご紹介!

こんにちは。ケンタ(@kentasakako)です。 実はさきほど気付いたのです …

アラフォーのささやかな決心。自分のことを「オッサン」と言わない。

最近、自分より若い人に会う機会が増えました。 そこで、自分の実年齢を言うと「若く …

ブログを500記事更新したので率直な感想をお伝えします。

先日このブログを更新したときに500記事に到達したことに気付きました。 &nbs …