ケンタの日本全国スタバ旅 (Starbucks trip)

日本のコンセプトストアを制覇した「スタバ旅行家」のケンタが47都道府県のスタバを巡りまくる!

*

ブログ運営で迷ったとき、「自分メディアはこう作る!」(ちきりん著)を読むのがオススメ。

      2016/10/10

今やブログやKindleやYouTubeなどで「自分メディア」を作ることが容易になりました。

「自分メディア」の何がメリットかというと、自分の表現の幅が劇的に向上するんですよね。

しかし一方で、ある程度ブログ運営をしていくと、高い壁に打ち当たります。

そんなときぼくが読み返しているのがちきりんさんの「自分メディアはこう作る!大人気ブログの超戦略的運営記」です。

 

 

 

スポンサーリンク

ちきりんさんのブログに対するスタンスが徹底的!

 

多くのブロガーさんに共通した悩みはあらかた一点に集約されます。

それは、

●PVが伸びない!

ということです。

ぼくも含めてこのような悩みを持っているブロガーさんはちょっと根本的なスタンスを見直したほうがいいかもしれません。

 

「ブログで何を表現したいのか?」

「誰に対して発信しているのか?」

「何をゴールにしているのか?」

このような根本的なスタンスをもう一度考えてみるのです。

ちきりんさんはこう言います。

 

私にとって最も大事なものは、人生における自由な時間です。
やりたいことは山ほどあり、ブログは趣味のひとつにすぎません。
有名になりたいわけでもお金を稼ぎたいわけでもなく、自由な時間を確保するために仕事まで辞めたのに、執筆や取材に追いまくられるなんて、とんでもないです。自分の望んでいる生活を守るためには、勢いに流されず、より意識的に考え、しっかりしたポリシーに基づいてブログ運営をする必要があります。

 

「ブログは趣味のひとつにすぎません」

ここまで言い切れると、もうぐうの音もでません。
人生におけるプライオリティが明確になっているのです。

ちきりんさんは、上記のように自由な時間を最優先させるつもりでブログを運営しています。ところが、皮肉なことに、結果的には「有名になり」「お金も稼げて」います。

ではその道のりが平坦だったかと言うとそうではありません。

ちきりんさんのブログのPV数がそれを物語っています。

 

誰しも最初は低迷が続く。問題はつづけられるかどうか。

 

あのちきりんさんですら、ブログを書き始めてから3年間はまったく注目を浴びていなかったようです。

 

私のブログは最初の3年間ほどは全く注目されておらず、2005年に書き始め、人気化したんが2008年から2010年にかけてです。
ちょうどその頃ツイッターが流行し、情報の拡散スピードが格段に速くなりました。

 

本当かよ!と思ったのですが、実際のPV数を見て愕然としました。

 

2005年3月開始(この年は記録をとっていません)

2006年: 月間3,000PVから5,000PV

2007年:月間4,000PVから 6,000PV

2008年:月間 8,000PVから200,000PV

2009年:月間300,000PVから600,000PV

2010年:月間800,000PV から1,200,000PV

2011年:月間 1,100,000PV から1,700,000PV

2012年:月間1,500,000PV から1,700,000PV

2013年:月間1,500,000PV から2,200,000PV

 

(本書129ページより引用)

たしかに最初の3年間はPV数は多くありません。むしろ少なすぎる方です。
しかし、その低迷期が3年あったが故に2008年からの伸びが凄まじく見えます。

 

さらに、ちきりんさんはこう言います。

 

ネットの最先端ユーザーは私より数年早くブログを書き始めており、影響力のあるブロガーをアルファブロガーと称し、認定する試みも始まっていました。
でも、まだ10人ほどしか固定読者のいなかった私には、それも無縁の世界でした。あまり注目されていない時期が3年もあり、その後も1年半くらいかけて徐々に人気が出たからこそ、ウェブの世界に疎い私にも「ネット上でのお作法」を勉強する時間の余裕があったのです。
このことは、いま考えても本当にラッキーだったと思います。

この部分をあらためて読んでみると、「一気に人気が出る弊害もあるんだな」と思います。芸人でいうと「一発屋」。早い段階から売れてしまうと芸のコンセプトが確立しないうちに時間がない状態になってしまいます。
だからこそ、売れるまでにある程度「お作法を勉強する時間」が必要なのでしょう。

 

ブログ運営で悩んだとき、ぼくはこの本を何度か読み返すことにしています。

「あのちきりんさんですらブレークするのに3年もかかったんだ……」

と思うと、自分がブレークするのには30年くらいかかりそうだと思うのです。そりゃ、68歳までブログを続けていたらどこかしらでブレークする確率も高くなりますよね。

 

30年後もスターバックスが存立していれば、ひょっとして……。

 

スポンサーリンク

 
スポンサーリンク

 - 読書日記, ブログ論

おすすめ記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

西加奈子の「サラバ!」は名言ラッシュ!〜「あなたが信じるものを、誰かに決めさせてはいけないわ。」

先週、甲府スタバ旅に出かけたのですが、旅のおともに西加奈子の「サラバ!」を持って …

自信を失くしたときは少しでもいいから環境を変えよう。

最近、自信を失うようなことが立て続けに起こりました。 こんなときは書物の力を借り …

宝田明さんの終戦記録がすさまじくて1分くらい茫然としてしまった。

スポンサーリンク 今日はゆっくり新聞を読もうとしたところ、壮絶な記事を見つけまし …

読書日記(32)「晴天の迷いクジラ」窪美澄 〜うつ病で苦しんでいる人へ、たった4文字のメッセージ。

  突然ですが、日本人ってなぜこんなに働き者なのでしょうか? もう年末 …

まだ「ホームレスになりたくない」とか言ってるの?そんな人は真っ先に「砂の王国」(荻原浩)を読みましょう。

そもそもホームレスはそんなに悲惨なことなのか?   このブログを始めて …

ブログで飯を食うことが簡単だと思っている人います?……それ、僕でした。

  ははは。あのさ、もう笑っちゃうよね。 もう笑うしかないよね。 人生 …

人生よりオモシロイ舞台なんてきっとない〜「舞台」西加奈子

西加奈子さんは関西人だけあってユーモアセンスが抜群ですね。 こんな友達が欲しいも …

スタバ旅(番外編)スタバ旅の写真表示を全て改善しました!

  おはようございます。ケンタ(@kentasakako)です。 実は …

読書日記(49)「ばらばら死体の夜」桜庭一樹 〜ふわふわした人生を送るのもあると思います!

こんにちは。昨日からテンテコマイのケンタ(@kentasakako)です。 数年 …

はあちゅうの「半径5メートルの野望」を読んで夢の叶え方を考えてみた!

最近、はあちゅうさんをテレビなどのメディアで見る機会が多くなって、今さらながら著 …