ケンタの日本全国スタバ旅 (Starbucks trip)

日本のコンセプトストアを制覇した「スタバ旅行家」のケンタが47都道府県のスタバを巡りまくる!

*

凹んでいる時にこそ唱えたい「人生はいじくり回してはいけない」理論

      2016/10/10

ブログを書いては消しを繰り返しているここ数日。かなり凹んでいました。
そこでふと目にとまったのが、「人生はいじくり回してはいけない」という水木しげるさんの本でした。

 

スポンサーリンク

●死ぬのもそんなに悪くない

 

いじめで自殺する子供たちはかわいそうだとは思うが、戦争で死んでいった人たちは、生きていたいと思っても死ぬしかなかった。
死にたいという者に「生きていたら必ず幸せになる」ということは実はとても難しい。死ぬのもそんなに悪いことではない。
死というのは無に帰ることだから、良くも悪くもない。
生きていても無に近い人だっている。9割方はそうではないか。

(22ページより引用)

落ち込んでいるとき、ふとしたスキマからふと「死」という概念が出てきます。別に「死にたい」という訳ではないのですが、なぜか「死」というものと直面してしまうのです。

そういうとき、ぼくは「自殺」だけは避けて時間をやり過ごそうとしています。

ただ、水木さんの言うように、「生きていたら必ず幸せになる」と断言できないのが人生です。

ぼくの人生も起伏が激しく、「あー、生きていてよかった」と思う日もあれば、「うわ、この地獄がまだ続くの?」と懊悩する日もあります。

個人的な見解を言うと、生きることは苦悩の連続ですが、10%程度の確率でひょこっと幸運が訪れる日があります。その「幸運day」のために残りの90%を捧げる覚悟でいるのです。

 

(参考記事)どん底に落ちてしまったとき、末井昭の「自殺」を読んでおきたい。 | ケンタの日本全国スタバ旅

●ぶっちゃけ、働かなくても死なない。

南方の人はあまり働きません。働かないのが幸せという風土なのです。魚もいれば豚もいる。だから飢え死にするということはありません。
向こうではかりに成功して大金持ちになっても、何も所有しません。何もない家に暮らすのが特徴なんです。物があるとかえって暑い(笑)。

彼らはあまり働きません。皆、慢性のマラリアにかかっているので疲れないようにしなければいけない。働き者だとすぐ死んでしまいます。怠け者でないと生きていけないのです。

(174ページより引用)

東南アジアをうろつくと、道端に寝転がっている人をよく見かけます。

「あれ、この人たちはどうやって生計を立てているんだろう?」

と、門外漢のぼくは思っていました。

でも、向こうの人から見ると、仕事で忙殺されているぼくを見てこう思ったでしょう。

「あれ、この人はなんで働いてるの?」

ぼくの働く目的は、「お金のため」です。
しかし、飽き足りないほどの金を持っていたとしても、ハイパーインフレが起これば即死します。

金のために働いてメンタルがやられるようなら、本末転倒ですね。

ちょっとキツいな、と思ったら南方の人のように、働かなくとも餓死しない方法を考案するのもいいですね。

大丈夫です。今の日本では働かなくても死なないのです。

 

●最低ラインはやはり「餓死しないということ」。

お父さんが万難を排してお前たちを土人のところへ連れてゆくというのは、地上にはこういう人間もいるのだ、ということと万一生活に困ることがあれば釜一つぶらさげてゆくのもよい。彼等こそほんとうに頼りになれる人間なのだ。

(88ページより引用)

ぼくは日本の価値観になれてしまっていて、常に効率性を追い求め、考え方も功利主義的な発想に陥ってしまっています。ふと気付くと、パソコンの前に何時間も座り、スマホで情報収集をしてはインプットとアウトプットにいそしんでいます。

でもこれだけは思います。

人間の最低ラインとしては、餓死しなければ生きていけます。

だから凹んでいるときは無理して気分を上げようとせず、ちょっと周囲を見渡しながら、自分のやるべきことをやるというだけで十分なのです。

そういうときは、一度唱えてみましょう。

 

「人生をいじくり回してはいけない。」

 


スポンサーリンク

 
スポンサーリンク

 - 読書日記

おすすめ記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「座りすぎは第2の喫煙」という新説を羽田圭介の「スクラップ・アンド・ビルド」で痛感した。

最近、「座りすぎ」がもたらす悪影響が話題になっています。 こんな調査結果があるよ …

ギャンブルに人生を賭けたい人はまずこの小説を!〜「波の音が消えるまで」沢木耕太郎

沢木耕太郎さんの小説「波の音が消えるまで」を読み終えました。 この本は上下巻合わ …

読書日記(52)「砂のクロニクル(下)」船戸与一 〜人は誰だって事情というものがあるんだよ。

おはようございます。ケンタ(@kentasakako)です。 昨日の読書日記「砂 …

読書日記(24)「ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく」堀江貴文

実は、僕はこの本を前にして、「いやいや、どうせよくある自己啓発書でしょ」と思って …

流山おおたかの森スタバ
毒舌コンサルタント「服部慎也」さんがブログではいいこと書いているのでまとめてみた。

最近、ツイッターで発見したコンサルタントの服部慎也さんのブログが面白かったので、 …

読書日記(22)「我が志アフリカにあり」 島岡由美子

タンザニアの「革命児」と言えば、日本人の旅人の間でめちゃくちゃ有名のようです。先 …

まだ「ホームレスになりたくない」とか言ってるの?そんな人は真っ先に「砂の王国」(荻原浩)を読みましょう。

そもそもホームレスはそんなに悲惨なことなのか?   このブログを始めて …

内気な人に朗報!あなたの「内向性」こそ最大の武器です。

世間では「人見知り」や「内気」な性格を毛嫌いする傾向にあります。 ぼくも本当はす …

読書日記(42)「リーマンショック・コンフィデンシャル(上)」〜バフェットがリーマンに投資しなかった理由とは?

  こんにちは。ケンタ(@kentasakako)です。 えーと、今日 …

読書日記(58) 「会計天国」竹内謙礼、青木寿幸 〜「芸歴1年ブレーク芸人と芸歴10年成功芸人との違いは?」

おはようございます。ケンタ(@kentasakako)です。 今日は会計の基礎を …