ケンタの日本全国スタバ旅 (Starbucks trip)

日本のコンセプトストアを制覇した「スタバ旅行家」のケンタが47都道府県のスタバを巡りまくる!

*

5セント最強説!損したくない人は全力で5セント玉を集めるべし〜「リスク・テイカーズ」(川上穣著)

      2016/10/10

先日、「リスク・テイカーズ ―相場を動かす8人のカリスマ投資家」という本を読んでいたら、「え!」とビックリしたことがあるのでそれを記したいと思います。

スポンサーリンク

 

●カイル・バスのユニークな投資術とは?

この本では8人の著名投資家の投資スタイルを紹介しています。
その中で「カイル・バス」という投資家がぼくの目を惹きました。

カイル氏は、米住宅バブル崩壊後、欧州債務危機の到来を的中させ、ベッジファンド業界で一躍有名になった投資家です。

彼の「実物投資」は目から鱗な投資方法でした。
その投資術とは……

 

「実体がある」という点でもうひとつ興味深いのは、 バスが米国の5セント玉を大量に保有しているということである。その数、実に2000万枚、金額にして100万ドルに達する。
なぜ5セント玉なのか。バスによれば、5セント玉に含有されるニッケルと銅の実体価値がわずかに5セントの通貨価値を上回るのだそうだ。

なんと彼は1億円に値する金額を5セント玉で所有しているのです!

 

●5セント玉が最強な訳とは?

5セント玉はお金として使うと5セントしか価値がありません。
しかし、お金ではなく「銅」と「ニッケル」として見てみると、5セント以上の価値があるのです。つまり原価が5セント以上あるのです。

また、このような「5セント投資法」の凄まじいところは、デフレになろうがインフレになろうが損をしないことにあります。

本書ではこのような説明があります。

つまり、デフレで物価が下落すればそれだけで保有する5セント玉の相対的な通貨価値は上がる。反対にインフレが起きた場合は、5セント玉に含まれる銅とニッケルの実物価値がものをいう。インフレで通貨の価値は下がるが、5セントの本質的な金属の価値は通貨の額面価格を上回っている。通貨でありながら、金のように実物価値が高いという点で、インフレ時のリスク回避にもなるという理屈だ。

インフレ局面になってもデフレ局面になってもリスクヘッジをしているので、一見損をしていない状態になっています。

強いて言えば、5セント玉に交換するための労力や時間がかかることと、保存コストが発生することがデメリットとして挙げられるでしょう。

そんなデメリットをさしおいても、この「5セント玉投資」は結構万能ではないか、と思うのです。

金投資するよりも、通貨と貴金属の両方を兼ね揃えている「5セント」に交換することのほうがリスクは低いのかもしれません。

 

 

●でも当然ですが全財産を5セント玉に交換してはいけません。

ぼくはかつてFXや株式などの投資で失敗して辛酸をなめてきました。

とくに、「ほぼ全財産没収事件」では、その名の通り「ほぼ全財産」をとある投資で失くしてしまいました。

 

参考):僕の人生を1245円で買って下さい!「第5巻・最終巻」〜「ほぼ全財産没収事件」となる「8.2事件」とは? 

この事件で学んだことは「ポートフォリオを組みなさい」というごくシンプルな教訓です。

……でも今はポートフォリオを組むだけの資金がないですけどね。

ということで、投資で損したくない人はポートフォリオを組んだ上で5セント玉を集めてみてはいかがでしょうか?
かなりディフェンシブ(守り)な投資で面白みはありませんけどね。

 

5セント玉 投資(5セント?いえ、5角です)


スポンサーリンク

 
スポンサーリンク

 - 読書日記, ドヤ顔できる経済学

おすすめ記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

1億円の収入よりも大事なことがあるでしょ。〜「風に舞い上がるビニールシート」森絵都

会社を辞めるとついついこんなことを考えてしまいます。 「ああ、会社に勤務していれ …

「お金はババ抜きのジョーカーである」

最近、お金について考えることが多くなりました。 お金って稼ぐのも難しいですが、使 …

読書日記(30)「広告やメディアで人を動かそうとするのは、もうあきらめなさい」本田哲也、田端信太郎 〜「僕の狙っているリーチは1000人ですよ。」

今日はクリスマス。 もう世間は年末ムード一色ですね。 年末年始はもうスタバも混ん …

書評ブログのすすめ〜ぼくが書評を書く3つの理由とは?

ぼくはこのブログで「読書日記」と称して書評を書いています。 でも、 「書評なんて …

休職期間満了で会社を辞めた方へ。安心してください。ハロワへダッシュしなくても大丈夫です。

ただいま絶賛失業中のぼくですが、現在ひきつづき退職関連の手続きをしています。 先 …

不遇なときこそ自分のスタンスを貫こう!〜「アウトサイダーの幸福論」(ロバートハリス著)

スポンサーリンク ●突然、頭が真っ白になった。   6月初旬。 ぼくは …

読書日記(18)「モチベーション3.0」ダニエル・ピンク

最近は少し経済学に絡んだ本を読むようにしています。その中でも、サラリーマンにとっ …

凹んでいる時にこそ唱えたい「人生はいじくり回してはいけない」理論

ブログを書いては消しを繰り返しているここ数日。かなり凹んでいました。 そこでふと …

物理学は永久に数学に追い付けない!〜「プリズム」百田尚樹

  男性が女性の観点からストーリーを描く、ということが私には出来るのだ …

スタバは「混雑」を何とかしないと生き残れないレベル。

日本全国のスタバを巡っていると様々なことを思うのです。 たとえば、「混雑」。 資 …