ケンタの日本全国スタバ旅 (Starbucks trip)

日本のコンセプトストアを制覇した「スタバ旅行家」のケンタが47都道府県のスタバを巡りまくる!

*

5セント最強説!損したくない人は全力で5セント玉を集めるべし〜「リスク・テイカーズ」(川上穣著)

      2016/10/10

先日、「リスク・テイカーズ ―相場を動かす8人のカリスマ投資家」という本を読んでいたら、「え!」とビックリしたことがあるのでそれを記したいと思います。

スポンサーリンク

 

●カイル・バスのユニークな投資術とは?

この本では8人の著名投資家の投資スタイルを紹介しています。
その中で「カイル・バス」という投資家がぼくの目を惹きました。

カイル氏は、米住宅バブル崩壊後、欧州債務危機の到来を的中させ、ベッジファンド業界で一躍有名になった投資家です。

彼の「実物投資」は目から鱗な投資方法でした。
その投資術とは……

 

「実体がある」という点でもうひとつ興味深いのは、 バスが米国の5セント玉を大量に保有しているということである。その数、実に2000万枚、金額にして100万ドルに達する。
なぜ5セント玉なのか。バスによれば、5セント玉に含有されるニッケルと銅の実体価値がわずかに5セントの通貨価値を上回るのだそうだ。

なんと彼は1億円に値する金額を5セント玉で所有しているのです!

 

●5セント玉が最強な訳とは?

5セント玉はお金として使うと5セントしか価値がありません。
しかし、お金ではなく「銅」と「ニッケル」として見てみると、5セント以上の価値があるのです。つまり原価が5セント以上あるのです。

また、このような「5セント投資法」の凄まじいところは、デフレになろうがインフレになろうが損をしないことにあります。

本書ではこのような説明があります。

つまり、デフレで物価が下落すればそれだけで保有する5セント玉の相対的な通貨価値は上がる。反対にインフレが起きた場合は、5セント玉に含まれる銅とニッケルの実物価値がものをいう。インフレで通貨の価値は下がるが、5セントの本質的な金属の価値は通貨の額面価格を上回っている。通貨でありながら、金のように実物価値が高いという点で、インフレ時のリスク回避にもなるという理屈だ。

インフレ局面になってもデフレ局面になってもリスクヘッジをしているので、一見損をしていない状態になっています。

強いて言えば、5セント玉に交換するための労力や時間がかかることと、保存コストが発生することがデメリットとして挙げられるでしょう。

そんなデメリットをさしおいても、この「5セント玉投資」は結構万能ではないか、と思うのです。

金投資するよりも、通貨と貴金属の両方を兼ね揃えている「5セント」に交換することのほうがリスクは低いのかもしれません。

 

 

●でも当然ですが全財産を5セント玉に交換してはいけません。

ぼくはかつてFXや株式などの投資で失敗して辛酸をなめてきました。

とくに、「ほぼ全財産没収事件」では、その名の通り「ほぼ全財産」をとある投資で失くしてしまいました。

 

参考):僕の人生を1245円で買って下さい!「第5巻・最終巻」〜「ほぼ全財産没収事件」となる「8.2事件」とは? 

この事件で学んだことは「ポートフォリオを組みなさい」というごくシンプルな教訓です。

……でも今はポートフォリオを組むだけの資金がないですけどね。

ということで、投資で損したくない人はポートフォリオを組んだ上で5セント玉を集めてみてはいかがでしょうか?
かなりディフェンシブ(守り)な投資で面白みはありませんけどね。

 

5セント玉 投資(5セント?いえ、5角です)


スポンサーリンク

 
スポンサーリンク

 - 読書日記

おすすめ記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

会社員だけが仕事ではない!〜「(日本人)」橘玲 

こんにちは。今日の関東は雨模様ですね、ケンタ(@kentasakako)です。 …

近代の日本を語るときに読んでおきたい船戸与一の「風の払暁(満州国演議1)」

亡き船戸与一さんの大作が全9巻完結しました。その名も「満州国演義」。 最近は文庫 …

読書日記(54)「放っておいても明日は来るー就職しないで生きる9つの方法」高野秀行 〜勝ち組とか負け組って一体なんだろう?

おはようございます。ケンタ(@kentasakako)です。 今日は、最近ちょっ …

西加奈子の「サラバ!」は名言ラッシュ!〜「あなたが信じるものを、誰かに決めさせてはいけないわ。」

先週、甲府スタバ旅に出かけたのですが、旅のおともに西加奈子の「サラバ!」を持って …

投資術だけではない!橘玲の「黄金の扉を開ける賢者の海外投資術」はサラリーマン必読です。

スポンサーリンク 「サラリーマン債券」の概念は知っておいて損はない。 &nbsp …

読書日記(67)「君に友だちはいらない」瀧本哲史 〜ぼくに友だちがいないたった一つの理由とは?

おはようございます。ケンタ(@kentasakako)です。 今日の夜から、寝台 …

もしアラフォー男子がはあちゅうの「とにかくウツなOLの、人生を変える1ヶ月」を読んだら

今日やっと、はあちゅう著「とにかくウツなOLの、人生を変える1ヶ月」を1週間かけ …

どん底に落ちてしまったとき、末井昭の「自殺」を読んでおきたい。

しばらくネットから距離を置こうと思ったぼくですが、ゼロからもう一度やり直したいと …

読書日記(42)「リーマンショック・コンフィデンシャル(上)」〜バフェットがリーマンに投資しなかった理由とは?

  こんにちは。ケンタ(@kentasakako)です。 えーと、今日 …

読書日記(13)「紙の月」 角田光代

昨日(11月15日)から上映している宮沢りえ主演の映画、「紙の月」。 なにげなく …