ケンタの日本全国スタバ旅 (Starbucks trip)

日本のコンセプトストアを制覇した「スタバ旅行家」のケンタが47都道府県のスタバを巡りまくる!

*

ディズニーシーの「タートルトーク」はお笑い育成塾となるべきだわ。

      2015/07/24

10日間連続で雨が降っていた関東地方ですが、ようやく昨日から晴れ間が広がっていました。そこで今日は東京ディズニーシーへと家族で繰り広げました。

「ミニーのトロピカルスプラッシュ」でずぶ濡れになり、久々に「マイフレンドダッフィー」を堪能したのですが、やはりTDS初心者のぼくは「タートルトーク」に驚愕しました。

なんなんだ、あの亀は。すごすぎる。

 

スポンサーリンク

●そもそも「タートルトーク」とは何か?

ご存知の方も多いかもしれませんが、「タートルトーク」とはファインディングニモのキャラクターである「クラッシュ」という亀と会話を楽しむというアトラクションです。

 

ディズニーシー タートルトーク

(タートルトークは一番奥に位置するS.S.コロンビア号中にあります!)

ディズニーシー タートルトーク(タートルトークの手前。ここから先は撮影禁止なので雰囲気だけ)

 

ちょっと前に「人志松本のすべらない話」で千原ジュニアが「かなわない」と紹介しただけあってかなりの人気でした。

ぼくも55分並んでこのアトラクションを楽しんだのですが、ぼくはちょっと視点を変えてこのクラッシュという亀のどこがすごいのか追求しようと試みようと思います。

 

参考記事)タートルトーク公式サイト

 

●タートルトークの「クラッシュ」という亀はここがすごい!

約10分間、クラッシュという亀と会話をするというだけのアトラクション。

ぼくはクラッシュの会話術にしびれてしまいました。
どこにシビれたのかを初心者なりに4つほど挙げてみたいと思います。

 

(1)「人間界のことをあまり知らない」という一貫性がすごい!

 

クラッシュは人間界のことをあまり知りません。
なので、お客さんとのコミュニケーションによって情報を得るというスタンスになります。

ここで強調したいのは、このスタンスが終始一貫しているということです。

例えば、こんなシーンがありました。

 

クラッシュ:Aくん、どこから来たんだい〜?

Aくん:京都です。

クラッシュ:京都か〜。すごいねぇ。知らねえけど。(笑)

またこんなシーンもありました。

クラッシュ:Bくん、好きな教科は何だい〜?

Bくん:国語です。

クラッシュ:国語。素晴らしいねぇ。で、「こくご」って何だい?(笑)

もうこのアトラクションは何年も続いているのですが、クラッシュはあくまで人間界のことを未だに熟知していません。この姿勢が一貫しているところがスゴイと思いました。

 

(2)テンドンの使い方が上手い!

次にクラッシュのスゴイところは、「テンドン」という技を上手く使っているところです。「テンドン」とは簡単に言えば「繰り返し」です。ある既出の単語をいいタイミングで改めて使うことです。

たとえば、上の具体例でいうとクラッシュは帰り際にこのように告げました。

クラッシュ:それじゃーな!今度はまた「京都」で会おうぜ〜。

なんと(1)のAくんの「京都」という単語をいいタイミングで繰り返し使っているのです。古典的な手法ですが、これでお客さんは爆笑。

ぼくも「うまいな〜」と思いながら笑っていましたが、それ以上に笑っていたのはぼくの娘でした……。

クラッシュはお笑いの基本に忠実です。だから万人にウケるのです。

ちなみに「京都」という単語を気に入ったのか3回もテンドンしていましたよ。

 

(3)ミラーリングが上手い。

 

またクラッシュは心理学にも長けています。心理学に「ミラーリング」という概念がありますが、これは相手の言うことを鏡のようにリピートすることで相手の共感を表現する方法です。

たとえば、クラッシュは次のようにミラーリングを行っていました。

クラッシュ:Cくん、今日は誰と来たんだい〜?

Cくん:家族です。

クラッシュ:そうか〜、Cくんは家族でディズニーシーに来たんだね。

なにげない会話ですが、クラッシュは今置かれている状況を的確にミラーリングしています。簡単にいうと「相づち」なのですが、この相づちが非常に上手いのですよ、クラッシュは。

ぼくはクラッシュ師匠からなにげに会話術すらも教えてもらった気がします。

 

(4)けっこう正論を言う。

 

クラッシュは人間界のことをよく知らないくせに、かなりまともな正論を言ってくれます。例えば、次のようなくだり。

クラッシュ:Dさんの質問はなんだい?

Dさん:失恋した相手を見返したいと思っています。

クラッシュ:うーん。そうだな。相手を見返すよりも自分の魅力を高める努力をするほうがいいと思うぜ〜。

メルマガでも発行して人生相談コーナーを展開してるんじゃないか、と思っちゃうほどの正論ですよね。

 

●クラッシュに質問したい人はこの席へ。

ということで、ディズニーシーに行った際は、塾のような感覚で「タートルトーク」を楽しんでみてください。

ちなみに、クラッシュへ質問したい人は当てられる確率が高い席をゲットしましょう。その席とは、「最前列」「通路側」です。(実際に今日も最前列が1人、通路側が2人あてられました。)

クラッシュ師匠からお笑いのイロハを学びにいきましょう!

Good luck!!

 

(この記事は60分で書きました)19:45〜20:45

スポンサーリンク

 

 

 
スポンサーリンク

 - 迷走日記, お笑い日記

おすすめ記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

夢や目標がないならとりあえず東大か京大を目指せば?

先週は実家の姫路におとなしくステイしていました。 そこで、母親(通称おかん)と話 …

ぼくは「コミュ障」を治したい。

今日はクリスマスということでちょっとプライベートを書きます。 自分ではどうしても …

ブロガーたちが知っておくべき「手形」の構図とは?〜簿記5級から始めましょ!

こんにちは。ケンタ(@kentasakako)です。 昨日、「修羅の宴」という本 …

読書日記 (10)「フリーエージェント社会の到来」ダニエル・ピンク

  大学を卒業して14年。 「サラリーマン」という身分に……未だに馴染 …

バズリはブログをつぶす。〜バズったのは君の力ではない。

先週、高知旅行の記事でイケハヤさんや坂爪圭吾さんのネタでちょっとだけバズりました …

非モテの諸君!まずは「ぼくは愛を証明しようと思う」を読もうではないか。

今年かなり売れた藤沢数希さんの小説「ぼくは愛を証明しようと思う」、通称「ぼく愛」 …

ブログを500記事更新したので率直な感想をお伝えします。

先日このブログを更新したときに500記事に到達したことに気付きました。 &nbs …

「爆笑ヒットパレード」で確信した僕の今年の姿勢

  新年あけましておめでとうございます!!   あけましてお …

300記事を迎えた今だから言える!100記事目までは地獄だった。

スポンサーリンク 300記事目だからこそ言えることがある!   おかげ …

育児がいかに壮絶か!〜「マザーズ」金原ひとみ

育児は大変です。 実際にぼくが育児を通じて経験したことがこの「マザーズ」に凝縮さ …