ケンタの日本全国スタバ旅 (Starbucks trip)

日本のコンセプトストアを制覇した「スタバ旅行家」のケンタが47都道府県のスタバを巡りまくる!

*

高収入サラリーマンがブログをしない5つの理由

      2016/10/10

スポンサーリンク

ちょっと前に同窓会でぼくが「ブログをしている」という話をすると、「え?」と場が凍ったことがあります。次に「なんで?」と聞かれました。

そもそもぼくがブログを運営している最大の理由は自己表現です。
収益も欲しいですが、まだそんなことを言える立場ではないですね。

そこで思ったことは、世間的にはまだまだブログのプレイヤーが少ないということです。特に、高収入を得ている一部上場サラリーマンがブログを運営するケースが希少だと思うのです。

そこで、「貴族サラリーマン」がブログをしない理由を5つ考えてみました。

 

(理由1)時間がない。

圧倒的な理由がこれです。
時間がない」
みんな仕事や人間関係で忙しいのですね。

特にぼくと同じ年代(38歳あたり)はちょうど中間管理職としてのプレイングマネージャーとしてのキャリアを積んでいるのでブログを書いているヒマなんてないのです。

多くのサラリーマンにとって、時間はお金よりも重要なリソース(資源)なので。

 

(理由2)サンクコスト(埋没費用)が発生する。

ちょっと経済学用語なのですが、高収入サラリーマンは自然と「埋没費用」の考え方を身につけています。

「埋没費用」を一言で説明すると以下のようになります。

埋没費用(まいぼつひよう)とは、事業や行為に投下した資金・労力のうち、事業や行為の撤退・縮小・中止によっても戻って来ない投下資金または投下した労力をいう。

(Wikipediaより引用)

ある賢いサラリーマンがブログを始めようかどうか悩んでいるとします。
彼は、こう考えるでしょう。
途中で辞める可能性が高いならば最初から手をつけないでおこう」と。

これは外部からみれば、かなり保守的な考えです。
しかし、年齢を重ねるにつれ失敗は許されないという空気を読み「埋没費用」を勘定するスキルが向上します。

だから、大人はリスクのある選択肢は選ばないようになるのですね。

 

(サンクコストについての関連記事)
読書日記(58) 「会計天国」竹内謙礼、青木寿幸 〜「芸歴1年ブレーク芸人と芸歴10年成功芸人との違いは?

 

 

(理由3)オポチュニティコスト(機会費用)が発生する。

さらに、「埋没費用」だけでなく、「機会費用」 というコストも考えなくてはなりません。

ここで「機会費用」の意味をWikipediaから引用してみます。

機会費用は、希少性(使いたい量に対して使える量が少ないこと)によって迫られる選択に際して生じる。「そのことをすると、他のことどれだけ犠牲になるか」計算するものを機会費用と呼ぶ。つまり、一つのことをすると、もう一つのことするチャンスがなくなることである

時間という資源は誰しも平等に割り当てられています。
そのため、当たり前のことですが、同じ時間では一つのことしか出来ません。

例をあげます。
1時間をブログ執筆に当てるとするとその1時間で出来たはずであろうことが出来なくなります。もしその分だけ残業したとすれば3000円もらえるのであればブログ執筆と残業のどちらを選ぶでしょうか?

このように、賢いサラリーマンたちは自然と「残業の単価」と「ブログ執筆によって得られる単価」を無意識のうちに比較しています。

そして、多くのサラリーマンは「ブログ」よりも「残業」を選びます。
ブログの機会コストが高いことを皮膚感覚で感じ取っているのですね。

 

(関連記事)
30時間残業するかわりに30本のブログ記事が書けるだろうか? 

 

(理由4)そもそもブログの書き方を知らない。

実はこの理由もあなどれないと思います。

ブログってどうやって書くの?

高収入を得ているサラリーマンは論理的な文章を書くのが得意です。
彼らはたしかに上司や取引先に報告するために理路整然とした文章を書けるでしょう。

しかし、インターネットで不特定の誰かに向かって文字を書くことはまた別の話です。ある程度トレーニングが必要ですし、最初のうちは誰にも読まれません。
どんなに報告書が得意な人であっても。

だから最初から完璧を目指さず、最初の1年くらいは訓練と割り切ることも必要だと思います。このマインドを持つこと自体が難しいのですが……。

 

(理由5)ツイッターやフェイスブックなどのSNSで事足りる。

なんやかんや言って、SNSで全てが事足りちゃうんですよね。

ブログなんて誰が読んでいるか分からないから、「友だち」や「知り合い」だけにメッセージを伝えたい、と。

特に高収入サラリーマンは「友だち」が多いので、別にブログというメディアを持たなくてもFBで書き込めばいいや、ってなっちゃいますよね。わざわざ1時間かけてブログ記事を書くより、1分くらいで140文字書いてバッと上げた方が楽ですし。

 

(まとめ)高収入サラリーマンはやっぱ賢い。

総じて高収入サラリーマンは合理的な考えからブログを書かないのです。
したがって、この5つの理由を越える何かがないとブログを書こうと思わないのかもしれません。

はたして、彼らからみればぼくはどのように映るのでしょうか?

ブログのために全国のスタバを巡っているという単なるバカ?
高収入サラリーマンの地位を捨てた完全なる落伍者?

ま、どっちでもいいんですけどね。

スポンサーリンク

 

 

☆自宅でカフェはいかがでしょうか?

最近ハマっているのがネスカフェ ドルチェ グスト です。

マシンは無料でレンタルできますし、コーヒーは一杯55円〜なのでオトクにコーヒーを楽しめます!

家でゆったりリラックスするときに挽きたてコーヒーはいかがでしょうか?

関連記事:【体験談】自宅カフェ最高説。ネスカフェドルチェグストを全力推しする5つのメリット

スポンサーリンク

 - 迷走日記, ブログ論, ドヤ顔できる経済学

おすすめ記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ディズニーシーの「タートルトーク」はお笑い育成塾となるべきだわ。

10日間連続で雨が降っていた関東地方ですが、ようやく昨日から晴れ間が広がっていま …

祝99回目!そこで今年最後に読み返した僕の3つのエントリーをご紹介!

こんにちは。ケンタ(@kentasakako)です。 実はさきほど気付いたのです …

(KDPプロジェクト−その4)下手でもいい!パワポで表紙を作ってみる!

KDPで出版する際に、ちょっとした困難が訪れます。 書籍にとってすごく大事な作業 …

ぼくが会社を辞めた後にどうやって生計を立てているのかを公開します。

最近、読者の方からこのような問い合わせが続出しています。 「ケンタさんはどうやっ …

Twitterで世界を知ろう!(2015年2月1日)クロスワードパズルに挑戦しましょ!

こんにちは。ケンタ(@kentasakako)です。 さっそく、今日のツイートを …

「生命保険の見直し」以前に生命保険の存在を見直してみよう。

もう年末ということで、年末調整のシーズンですね。 会社員の方は「扶養控除申告書」 …

子育ては「サンクコスト」を勉強するトレーニングだと思う。

ちょっと個人的な話を少々。 育児ってサンクコストを考えると、泣きたくなるんですよ …

電子出版のススメ。素人だからこそKindleで本を出してみよう!

昨年の10月からKindleで本を出してからというもの、ほとんどプロモーションら …

ぼくこそが「失敗ブログ飯」なのだ。

「失敗ブログ飯」 いい響きですよね。 ネーミングセンスも抜群。 出典は「名もなき …

どんな自己啓発よりも刺さる坂爪圭吾さんから学んだ7つのこと

もしこの世に神様がいるのであれば、坂爪圭吾さんではないかと思いました。 なぜか。 …