ケンタの日本全国スタバ旅 (Starbucks trip)

日本のコンセプトストアを制覇した「スタバ旅行家」のケンタが47都道府県のスタバを巡りまくる!

*

読書日記(15)「かわいそうだね?」 綿矢りさ

   

 

筆者の綿矢りささんは、「インストール」という作品で19歳にして芥川賞を受賞した若手作家です。(個人的には「夢を与える」が、私にとってのベスト作ですが、それは後日ご紹介します)

ということで、今日は「かわいそうだね?」という本をご紹介します。

概要はこちらをご覧下さい。

「かわいそうだね」(文藝春秋より)

綿矢さんの作品はどれも「ワードセンス」つまり使われる単語がとても的確なので、私のボキャブラリーの在庫を増やしてくれます。

そして、今回の短編(「かわいそうだね?」と「亜美ちゃんは美人」)については、人が人に対して「興味、関心」がない、という意味を考えさせられました。

以下のシーンは、主人公の女性( 樹理恵)が交際している男性の元カノ(アキヨ)とちょっとした言い争いをしている箇所です。

 

「樹理恵さん、私はね、あなたに興味がないのよ

アキヨの声は初めて三十になった女の人相応に、低く、ものやわらかな響きを帯びていた。

「分かってる。だから許せなかった。自分の目的を遂げるためだけに必死になって、私が苦しんであがいているのを無視している。」

「無視してるわけじゃなくて、本当にただ、興味を持てないの。そんな余裕がないの。ねぇ、どうやったら明日も生きられるかを真剣に考えなくちゃいけない状況に陥ったことってあなたはある?」

(133ページより)

 

 

実は、「無関心」というのは最大の武器かもしれないと思いました。

「好き嫌い」という感情を抱かれる方がまだましです。何故なら、「人間として見られているから」です。

そこにきて、「無関心」というのは「好き嫌い」という次元まで達していないのです。そこに受け手側の感情が動いていないから。

だから、僕は人から「ごめんなさい。私はあなたが嫌いなの。」と言われるよりも、「ごめんなさい。私はあなたには関心がないの。」と言われる方が辛いです。

せめて、嫌いになって……。

スポンサーリンク

 

 

 

 
スポンサーリンク

 - 読書日記

おすすめ記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

読書日記(22)「我が志アフリカにあり」 島岡由美子

タンザニアの「革命児」と言えば、日本人の旅人の間でめちゃくちゃ有名のようです。先 …

読書日記(30)「広告やメディアで人を動かそうとするのは、もうあきらめなさい」本田哲也、田端信太郎 〜「僕の狙っているリーチは1000人ですよ。」

今日はクリスマス。 もう世間は年末ムード一色ですね。 年末年始はもうスタバも混ん …

読書日記(67)「君に友だちはいらない」瀧本哲史 〜ぼくに友だちがいないたった一つの理由とは?

おはようございます。ケンタ(@kentasakako)です。 今日の夜から、寝台 …

読書日記(38)「金融が乗っ取る世界経済」ロナルド・ドーア〜投資家に必要なアウトルックを磨こう!

  おはようございます。快晴の土曜日ですが少しドタバタしているケンタ( …

引きこもっている人にこそ読んで欲しい、船戸与一の「夜来香海峡」!

スポンサーリンク とにかく今は船戸与一さんの作品を読みたい   最近、 …

5セント最強説!損したくない人は全力で5セント玉を集めるべし〜「リスク・テイカーズ」(川上穣著)

先日、「リスク・テイカーズ ―相場を動かす8人のカリスマ投資家」という本を読んで …

西川美和の「永い言い訳」を電車で油断して読むと危険かも!

夏が終わる……。 この夏を振り返ると、和歌山スタバ旅くらいしか思い出がないですね …

「コンビニ人間」の主人公が教えてくれた大事な教訓。

155回芥川賞を受賞した村田沙耶香著「コンビニ人間」。   コンビニ人間 pos …

読書日記(25)「パイロットフィッシュ」大崎善生 

  この「パイロットフィッシュ」という小説は以下の出だしでスタートしま …

読書日記(34)「寂しい丘で狩りをする」辻原登 〜「Facebookで1000人とつながるよりリアルガチな友達が一人欲しい」

こんにちは。ケンタ(@kentasakako)です。 今日は大晦日ですね。 昨日 …