ケンタの日本全国スタバ旅 (Starbucks trip)

日本のコンセプトストアを制覇した「スタバ旅行家」のケンタが47都道府県のスタバを巡りまくる!

*

はたして「軽減税率」でスタバのテイクアウトがいくら得するのか?

      2016/10/12

最近、日本の迷走ぶりが半端ない気がします。
特に「軽減税率」は目も当てられない……。

 

スポンサーリンク

 

そもそも日本における「軽減税率」ってなに?

まず、「軽減税率」とは何かをWikipediaで確認してみましょう。

軽減税率(けいげんぜいりつ)は、条件に応じて標準の税率よりも低く抑えた税率のことである。 日本では生活必需品と贅沢品に区分され、軽減税率のものと非課税のものとが複数の税率として存在する事から、複数税率とも呼ばれる。

Wikipediaより

2017年4月から消費税が「10%」に上がる代わりに「生活必需品」である食料品は「8%」に据え置く方向になっています。
ただし、この「8%」か「10%」かという線引きが難しいのです。
一時期は「生鮮食料品」か「加工品」かで区別しようとした経緯もありました。しかし、最終的には軽減税率の対象を「食料品全般」ということになっています。

ここで一つ問題が。

「食料品」と一言でいっても、「外食はどうするんだ?」ということです。
外食というのは(乱暴に言うと)お金に余裕がある人がするものという認識があります。外食まで軽減税率の「8%」にすると徴税力が減るというのです。税金というのは金持ちから徴税するのが鉄則なので。

ということで「イートイン」は10%で、「テイクアウト」は軽減税率の8%という何とも曖昧なルールと化してしまいました。

 

ぐだぐだな「軽減税率」。テイクアウトの線引きがわからん。

曖昧さを示す例として今日(2015年12月19日)の日本経済新聞から以下を抜粋してみます。これを読むと「軽減税率」のグダグダ感が分かりますよ。

Q.コンビニの弁当を店内のイートインコーナーで食べると税率は?

A. 持って帰ることが可能な弁当や総菜はコンビニ内で食べても消費税は8%。一方でトレーに載せて座席まで運ばれたり、返す必要のある食器に盛られたりしていれば外食とみなされ消費税は10%になる。
ファーストフード店でハンバーガーを買うときに「テークアウト」と店員に告げると消費税は8%になりそうだ。だが、その後に店内で食べる人も出てくるかもしれない。本来10%分の税金を払う必要があるが、政府が罰則をつくるのは難しい。店員が注意して追加の消費税を払ってもらうこともできるが、「日本人が数円のために恥はかかなと信じるしかない」(政府関係者)が現実だ。

引用:日本経済新聞(2015年12月19日)5面

太字の部分の頼りないこと!
要するに「テイクアウト」と言ったお客を信用するしかないんですね。
「テイクアウト」と言った後で店内で一口飲むのも許されないのか。

 ていうかそもそも「テイクアウト」ってなんだ?
軽減税率を導入するには全ての定義を明らかにする必要があるのです。

 

6円のために攻防を展開しないといけない不毛さ。

ここで、消費税アップ後の具体例をあげましょう。
スタバでコーヒーを頼むと、税抜きで280円。
もし店内でコーヒーを飲むと消費税は10%の28円。
税込みで308円になりますね。

一方、コーヒーをテイクアウトすると軽減税率の8%が適用されて302円です。

つまり、軽減税率で6円のお金を節税できるんですよ。
その方法は簡単ですよね。店員さんに「テイクアウトで」といって、しれっと店内で飲むだけです。

しかし、このような簡単な「節税」はできないでしょう。
というのも店舗側でも「イートイン」と「テイクアウト」を区別するために何かしらの防御策を張るからです。そうしないと節税がまかり通ってしまいます。

簡単な管理方法は次の二択だと思います。
レシートで「どのお客さんがテイクアウトか」を管理する
または、マグカップ(=店内)か紙カップ(=テイクアウト)で区別する

もしカップで区別するのであれば、店内で紙カップは利用できないことになるのでしょうか?ぼくは店内利用でもホットが冷めないように紙カップを利用するのですが……。

こうやってぼくたちは6円のために必死に攻防を繰り広げるのであった。

スポンサーリンク

 

 

 
スポンサーリンク

 - 迷走日記, ドヤ顔できる経済学

おすすめ記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

元日だから2017年に成し遂げたいことを5つ書こう。

2017年が幕を開きました。 あけましておめでとうございます。   今 …

育児がいかに壮絶か!〜「マザーズ」金原ひとみ

育児は大変です。 実際にぼくが育児を通じて経験したことがこの「マザーズ」に凝縮さ …

僕が「NISA(ニーサ)」をディスる3つの理由

明日から12月ですね。あっという間に師走ですね。 そして、もう年末ということでい …

Twitterで世界を知ろう!(2015年1月26日)〜今日のニューヨークは大雪らしいですよ!「blizzard」

  おはようございます。ケンタ(@kentasakako)です。 さて …

休職期間満了で会社を辞めた方へ。安心してください。ハロワへダッシュしなくても大丈夫です。

ただいま絶賛失業中のぼくですが、現在ひきつづき退職関連の手続きをしています。 先 …

ブログを500記事更新したので率直な感想をお伝えします。

先日このブログを更新したときに500記事に到達したことに気付きました。 &nbs …

まず使命を見つけよ!〜「だから荒野」 桐野夏生

先月、桐野夏生の小説を立て続けに読んでいました。 そこで今日、私が紹介したい作品 …

うつでブランクのある人が職場復帰するための3つのコツ

いやー、久々の会社員復帰は緊張しましたね。 今日から8月! ぼくはこれから新しい …

とりあえず、ボクシングの話をしよう。

  今日、僕は自分で自分を激しく叱責しました。「格闘技」というのを未だ …

自信を失くしたときは少しでもいいから環境を変えよう。

最近、自信を失うようなことが立て続けに起こりました。 こんなときは書物の力を借り …