ケンタの日本全国スタバ旅 (Starbucks trip)

日本のコンセプトストアを制覇した「スタバ旅行家」のケンタが47都道府県のスタバを巡りまくる!

*

僕が「NISA(ニーサ)」をディスる3つの理由

      2016/10/09

明日から12月ですね。あっという間に師走ですね。

そして、もう年末ということでいろいろと慌ただしくなっていますが、昨今一つだけ気になることがあるのです。

それは、「NISA」という単語です。

僕は、10年くらい前から投資マーケットに足を突っ込んでしまって、散々な目に合わされています。

そして、ですよ。いきなり投資業界にこういうニューカマーが入ってきた訳です。そして、その新入生に向かって僕はこう放った訳です。

「なんだ、君は?」

 

そもそも「非課税」って何なの?

 

「ニーサ」自体がよく分からない。

ということでちょっとWikipediaで調べてみました。

「ニーサ」とはこういう問題児だったのです。

 

少額投資非課税制度(しょうがくとうしひかぜいせいど、NISA = ニーサ)とは、日本において、株式や投資信託の投資に対して、税制上20%かかる売却益と配当への課税を、年間100万円を上限に非課税とする制度である。

金融機関において、この制度が適用される非課税口座を、通常の取り引き口座とは別に開設する必要がある。

 

 

この説明文の中に、さらっと「非課税」とありますね。

ここで皆さんに問題を出させてください!

 

(ケンタからの問題)

ここの「非課税」とは次のどの税金が「非課税」になるのでしょうか?

A) 消費税

B) 所得税

C) 住民税

D) 法人税

 

この問題にさらっと答えられないようでは、「ニーサ」どころではありません。投資なんか考えずに、即座に本業に専念しましょう。投資なんかで稼いでも面白くないですから。

それでは、僕がこの制度をコテンパンにディスる理由を以下に列挙します。

 

(ディスる理由1)「取引コスト」が高すぎるから。

 

まず、「ニーサ」を調べるべく、Googleで「ニーサ」を検索した結果、ある証券会社のサイトにヒットしました。当然、相手はSEO対策をガンガンに実行しているだけあって、「ニーサ」について詳しく説明しています。

で、僕はそのサイトを10秒で閉じました。

何故か?

全然理解できなかったからです。「枠って何だよ?」とか、「最長5年ってそれ以降どうなるんだよ?」とか。更には、制度自体に何もメリットを感じなかったのです。要するに、こんな制度は勉強するだけ時間のムダだと察知したのです。

確かに、ニーサ用の口座を作って株式の売却益が出てそれを20パーセント課税されずにそのまま受け取れるのは魅力的かもしれません。

でも、そこまでに費やす「時間」と「手間」と「お金」(もちろん非課税だからと言っても、証券会社から販売手数料は取られます。キャンペーンで無料としてもね。)がペイしないのです。

経済学的に言うと、「ニーサ」なんて「取引コストが高すぎる」のです。

 

(ディスる理由2)「ニーサ」とか言ってる時点でカモ。

 

はっきり言います。もし、このブログを見てる中で「ニーサ口座」をお持ちになっている方がいたら、口外しない方がベターです。

何故なら、「投資リテラシーが低い」ことを周囲にシグナリングしているようなものだからです。「私は投資の世界に入りてたの一年生ですよ!」と初心者マークをつけて「投資ロード」を走っているようなものです。

この状態は非常に危険です。カモになる可能性が高いからです。

逆の立場で考えてみましょう。

もし僕が証券会社で、「ニーサ口座」を持っているお客さんを見つけたら、速攻で営業をかけるでしょう。何故なら相手は、この要素を満たしているからです。

「投資に興味を持っている。」

「投資にかけるお金がある。」

「でも、ほとんど素人」

 

どうでしょう。「資本主義」株式会社はこういうお客さんをターゲットにしてしまうのですよ。そして、実際に警鐘を鳴らさないといけないのは……やはり、上記を満たすシニアの方たちなのです。(以下、Wikipediaより抜粋)

 

投資総額は、2014年3月末時点で1兆34億円。利用者の64.9%が60歳以上に偏り、20・30歳代の利用が少ない(2.0%・6.5%)

 

だからこのブログを見ている若い人たちはお父さんやお母さんにこう言いましょう。

「ニーサをやるのはいいけど、あまり言いふらさないようにしようね。」

 

 

(ディスる理由その3)結局、意味がない。

 

ニーサの口座を持つような方はこれから株式マーケットに突入するような方でしょう。ここで、ど素人の僕がシンプルに株式投資の儲け方を説明してみます。

儲け方は次の2種類あります。

1つ目は、「譲渡益(キャピタルゲイン)」です。これは、買った株が上昇した場合に売ればその差額が儲けになります。しかし、下がればその差額が損失になります。

2つ目は、「配当(インカムゲイン)」です。これは配当確定日に株式を保有していれば、その持ち株に応じた配当を企業からもらうのです。

そして、ここで僕は口を酸っぱくして言いたいのは、

そもそも「配当」に課税することは出来ない!

のです。これは「二重課税」(法人税を既に課税しているのでその税引後にまた課税するのは二重に課税している)という問題が絡むからです。だから、確定申告すれば、課税された所得税分は還付されます。

要するに、キャピタルゲインだけが問題なのです。保有している株がうまく上昇して、かつ売り抜けることが出来れば、その枠が100万円に限って課税されないのです。

で。

できるのだろうか?

こんなこと、素人に出来るのだろうか?

投資を初めてビギナーズラックで儲かることもあるかもしれない。

けれど、その確率を考えたら、本業で成果を出す方が楽しいかもしれないですね。例えば投資で100万円稼いだのと、本を売って100万円稼いだのと、どっちが楽しいでしょうか。そして、どっちが後々の人生に活きるでしょうか?

だから今、政府が喧伝しているように「貯蓄から投資へ」というスローガンを鵜呑みにして、素直に「よしニーサで非課税になっているし、投資でも始めるかー」というノリで初めてもいいのです。

ただし、「バカ高い取引コスト」と「カモにされる危険性」と「無意味さ」に耐えられるのであれば、という条件をつけておきましょう。

 

あ!

ところで、先ほどの「ケンタからの問題」の答えはもう当然お分かりになりましたよね?

スポンサーリンク

 

 
スポンサーリンク

 - 迷走日記

おすすめ記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

おそろしいことに、一度味わった成功は中毒化する。

スポンサーリンク 高城剛さん曰く「一度味わった成功は中毒化する。」   …

Twitterで世界を知ろう!(2015年2月5日)台北での驚愕した映像 〜Have you ever seen a more incredible image?

おはようございます。ケンタ(@kentasakako) です。 昨日は、つくばエ …

第26回・東京ブロガーミートアップ
第26回・東京ブロガーミートアップの補足〜僕の今年の目標を公開します!

  こんにちは。今、鎌倉のスタバで少しくつろいでいるケンタ(@kent …

300記事を迎えた今だから言える!100記事目までは地獄だった。

スポンサーリンク 300記事目だからこそ言えることがある!   おかげ …

名刺のエクセル入力は単純作業?いや、めっちゃクリエイティブですよ。

最近、このような記事が話題になっています。 【炎上】ライフネット生命の岩瀬大輔社 …

僕の人生を1245円で買ってください!〜「第1巻」ストイックの世界へようこそ。

これまでいろいろな人に会いましたが、 「いや〜、私の人生は本で売れるほど壮絶です …

祝400記事!「これからも質より量です。」

この投稿でやっと400記事目です。 ブログ開設11ヶ月なので、一ヶ月に平均約36 …

イケダハヤトさんにやさしくシバかれた日。〜もっとシバいて下さい。

イケハヤさんは会ってみるとすごく柔和な人でした。 でも、ぼくはやさーしくシバかれ …

僕の人生を1245円で買ってください!〜「第3巻」転職地獄が待っていた!

久しぶりに自分の著作の紹介をさせて下さい! 以前、転落記「第2巻」を紹介させて頂 …

「昨日、退職願を提出しました。」

個人的なことで恐縮ですが、昨日退職願を会社に提出しました。 今まで会社を「お休み …