ケンタの日本全国スタバ旅 (Starbucks trip)

日本のコンセプトストアを制覇した「スタバ旅行家」のケンタが47都道府県のスタバを巡りまくる!

*

みんな:「60歳までに1億円貯めないといけないんです。」ぼく:「それで何がしたいの?」

      2016/10/12

ぼくは男なんですが「日経WOMAN」を読んでました。

すると、こんな特集があったのです。

貯蓄&投資で年100万円ふやす!」

投資で年100万円

ちょっと面白そうなので、ぼくもこわごわと読んでみました。

 

佐藤さん(37歳)は「目標は60歳までに1億円」。

ざっくりとまとめると、こんな内容でした。
「年間で100万円貯めるためにはコツコツ貯金して小さく投資を始めましょう。」
それほど新鮮味はありませんね。

これだけでもかなりツッコミどころ満載ですが、さらに佐藤さん(仮名)の内容がすさまじい。

37歳で資産が2450万円ある佐藤恵さん。就職した22歳のときから15年間続けている投信の積み立てや貯蓄で増やした。

〜略〜

投資による利益は10年超で1048万円。このうち200万円は、円安と株高で過去1年に得たもの。「目標は60歳の定年までに1億円です

引用元:日経WOMAN 2015年10月号

貯金額がすごいですね。そして、60歳までに目標1億円ですか!
ぼくが佐藤さんとお話していたらきっとこう聞き返すでしょう。

で、その1億円はどう使うのですか?

 

「老後の不安」というミステリー。

妄想を膨らませますと、佐藤さんはきっとこう返すでしょう。

「いや、その1億円で快適な老後を過ごすんですよ。」

気難しいぼくはこう聞き返す。

「そのために20年以上も犠牲にするんですか?」

ここでこの話を切り上げましょう。

ぼくは常々思うのですが、まだ若いのに「老後のために●●円貯めないといけない」という強迫観念を持っている人が多すぎます。

ちょっと考えてみてください。
老後になるまでの期間で戦争が起こるかもしれないし、ハイパーインフレで貨幣価値が激減するかもしれない。もっと究極的なことを言うと、老後を迎えるまでに死ぬ可能性も十分考えられます。
カタストロフィックリスクもあれば個人的なリスクもあるんです。

「老後の不安」を口にする前に、なぜその金額を貯めないといけないのかを考える必要があると思うのですよ。

 

なぜ老後に1億円貯める必要があるのか?

ファイナンシャルプランナーなどはこんな試算をすると思います。

平均寿命が86歳で、老後の月間支出額を30万円と仮定すると、60歳から死ぬまでの期間に必要なお金は以下になります。

26年×30万円×12ヶ月=9360万円

ざっくりと1億円ですね。

年金で補填できないこともあり、それ相応の貯金が必要なことが説明できそうです。このように数字で説明されるとなんとなく説得力がありますが、先述したように「今の状態」のまま86歳まですんなりと生きられるのは奇跡以外のなにものでもないんですよね。

人間も生活も人生も人間関係も変化するんです。

そう考えると「貯金」というストックしか持たないことは危険だとは思いませんか?

 

結局はキャッシュフローが一番大事だと思う。

貯金がもたらすものは、ある程度の「安心感」です。
ただ、貯金しか持たずに「キャッシュインフロー」がない状態はやはり不安です。「安心」だけど「不安」なんです

というのも1億円貯金があっても、毎月の入金がなければどんどん減っていく一方ですよね。しかもその心理状態はちょっと特殊になります。
5000万円使ったとしたら「まだ5000万円もある!」という心境にならないんですよね。「もう5000万円しかない!」と焦ってしまう。

キャッシュフローは超大事なんです。

(関連記事)金持ちの最大の悩みは「お金があること」〜「ザ・ニューリッチ」ロバート・フランク 

 

若い人は「貯金が趣味」より「経験を買う」こと。

つい先日、成人の日でしたね。
去年の自分のブログを振り返ってみると、こんな記事がありました。

(この記事)新成人への僕のアドバイス。「貯蓄なんかするヒマがあれば絵でも描きなさい!」

ぼくが20歳に戻れるとしたら、貯金することよりもやはり「表現の幅」を広げる努力をしたことでしょう。

若いのに「貯金」ばかりしているのは魅力的ではないですよ。
それより「経験」を買いましょ。

自戒をこめて。

スポンサーリンク

 

 
スポンサーリンク

 - 迷走日記, ドヤ顔できる経済学

おすすめ記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

(KDPプロジェクト−その3)アメリカで源泉徴収されないためにEINを書いてみた

  僕はこの出版プロジェクトでなるべくお金をかけたくないと思っています …

英語メルマガ(第51号)を発行しました!〜「Apple が今狙っているのは自動車産業だ!」「spate」

こんにちは。ケンタ(@kentasakako)です。 今日の18時30分に約1ヶ …

株式投資で大損したときに持つべきマインドとは?

今日(2015年8月25日)の午前9時30分ごろ、ぼくは「ふー」と天を仰いだ。 …

英語メルマガ(第57号)を発行しました。〜6月24日に英文読解基礎セミナーを開催!

スポンサーリンク   今日のメルマガはハッキングについて! &nbsp …

うつ病のことを会社に言ったくらいで人は死なない。人生は絶対に大丈夫なのです。

フランスで起きたドイツのLCC旅客機墜落事件でひとつ思ったことがあります。 副操 …

イケダハヤトさんにやさしくシバかれた日。〜もっとシバいて下さい。

イケハヤさんは会ってみるとすごく柔和な人でした。 でも、ぼくはやさーしくシバかれ …

人事部の一番の腕のみせどころは「採用」ではなく「不良人材をキル」ことにある。

今までサラリーマンやっていて破壊力がある言葉はこれだと思います。 「君は能力が高 …

フリー最後の日。明日からパートタイム会社員になります。

今日で7月が終わり、あと1時間ほどで2016年8月に突入しますね。 個人的なこと …

ブログはタイトルが9割?いやちがう、10割だ。

昨日、「小バズリ」したけど淡々と書く。   昨日、周太郎くんのセミナー …

とりあえず、ボクシングの話をしよう。

  今日、僕は自分で自分を激しく叱責しました。「格闘技」というのを未だ …