ケンタの日本全国スタバ旅 (Starbucks trip)

日本のコンセプトストアを制覇した「スタバ旅行家」のケンタが47都道府県のスタバを巡りまくる!

*

ぼくが最近ブログを更新できなかった理由。

      2016/10/12

ここ最近、ぼくはブログを更新できずにいました。

ほぼ毎日書き続けていたというのに。
これほどブログで苦しんだことはかつてありません。

その理由を少し述べます。

忙しいからブログを更新できない?

端的にいえば一番の理由は「忙しかった」からです。
実はここ最近、いろいろとフリーライターの仕事を頂いていてテンテコマイでした。

一時期は「ヒマ」で苦しんでいたのがウソのようですね。

(参考記事)うつで休職する一番の辛さは「スケジュール真っ白」です。

ただ、忙しいからブログが更新できないというのは三流ブロガーの言です。
それは肝に銘じています。

が。

ぼくは今ある苦しみの中にいます。

書けない、のです。

文章が書けない。

これは、自分で言っていても信じられないのですが、ブログの書き方を忘れてしまったかのようです。500記事以上連ねていたというのに、1000文字が書けなくなったのです。

ぼくはとんでもないスランプに陥ってしまったようです。

なぜだ?

 

ディズニーランドに行ってもネタが出てこない……

今日、実は東京ディズニーランドに家族で行きました。
そこで「ブログに書けるネタ」というのがいくつか発見したのです。たとえば、初めてドローイングクラスというものに参加したので、写真もとってブログにアップしようとしたのですが、いざ書こうとしても筆がすすみまないのです。

信じられません。

信じられません。

今までのぼくはどこに行ったのだ。

いくつか思い当たるふしはあるんです。

でもブログには書けない……。
この心境の変化はとても形容しがたいのです。

こんな記事を書くと「あ、こいつはネガティブな人間だ」と思われるので控えるべきだったのかもしれません。さらに今は人生の勝負どころなので、頑張らないといけないので、頑張らないといけないのです。

来週、ぼくは南九州へスタバ旅に行く予定でした。
しかし、この状態でスタバ旅に行くことが出来るのかどうか本当に悩んでいます。

皆さんはスランプをどう乗り越えてきましたか?

この苦境を乗り越えるには逆説的ですが書くしかないのかもしれません。
この週末はぼくにとって一つの大きな転換期となりそうです。

スポンサーリンク

 

 

☆自宅でカフェはいかがでしょうか?

最近ハマっているのがネスカフェ ドルチェ グスト です。

マシンは無料でレンタルできますし、コーヒーは一杯55円〜なのでオトクにコーヒーを楽しめます!

家でゆったりリラックスするときに挽きたてコーヒーはいかがでしょうか?

関連記事:【体験談】自宅カフェ最高説。ネスカフェドルチェグストを全力推しする5つのメリット

スポンサーリンク

 - ブログ論

おすすめ記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

おそろしいことに、一度味わった成功は中毒化する。

スポンサーリンク 高城剛さん曰く「一度味わった成功は中毒化する。」   …

note素人の有料コンテンツは売れるかどうか実験してみた。

昨今のネット界では「やれnoteでいくら儲かった」という報告がいろんなところから …

スタバ旅(番外編)スタバ旅の写真表示を全て改善しました!

  おはようございます。ケンタ(@kentasakako)です。 実は …

なにも取り柄のない人がライターになる方法。

2月に入ってから、このブログのPVが激減しました。 「3月から」ではありませんよ …

ブログを600記事書き続けてわかったこと。

知らぬ間にこのブログも600記事に到達。 2年足らずで600記事をアップしたこと …

もうすぐ1000いいね!なぜか「姫路城スタバ旅」の記事が読まれて、ラジオでも紹介された件

先月に兵庫県へ行ったときに、姫路城が見えるスタバをご紹介しました。 (関連記事) …

「無職ブロガー」の耐えがたき不安。

会社を辞めて1ヶ月が過ぎました。 一般的に言えば、会社を退職して1ヶ月くらいは開 …

「Google AdSense」の最適配置を実験してみよう(その1)

  こんばんは。もう眠いのを通り越しているケンタ(@kentasaka …

ブログ運営で迷ったとき、「自分メディアはこう作る!」(ちきりん著)を読むのがオススメ。

今やブログやKindleやYouTubeなどで「自分メディア」を作ることが容易に …

「ブログ初心者向け文章術セミナー」を行います!→2016年1月9日(土)

いよいよ2015年も終わりにさしかかっていますね。 ぼくは来年(2016年)いろ …