ケンタの日本全国スタバ旅 (Starbucks trip)

日本のコンセプトストアを制覇した「スタバ旅行家」のケンタが47都道府県のスタバを巡りまくる!

*

僕の人生を1245円で買ってください!〜「第2巻」休職と復職を繰り返す地獄の日々

      2016/06/27

今日は、前回の「僕の人生を1245円で買って下さい!「第1巻」編」に引き続き、「第2巻」編の概要を書きたいと思います。

まずは、「第2巻」の目次をご覧下さい!

 

 

5)初めての休職~なかなか復職できない現実

(5−1) 失敗を余儀なくされる休職

(5−2) ヒーリングにはまる私

(5−3) 精神科医からの衝撃的な一言

 

6)転院するということ〜はじめての復職

(6−1) 転院してもいいんだ!

(6−2) 復職にはアプローチがある

 

7) 復職の本当の難しさを知る

(7−1) 「敵」それはヒマから生じた

(7−2) 「一つ止め、そして一つにはまる。」

(7-3) 環境の変化についていけない私

(7−4) 身体が悲鳴をあげているのに。

 

8) 二度目の休職〜それは想定以上に長引いた

(8−1) 人生で二回目の休職

(8−2) 「人生を変えたい」という過ち

(8-3) やっと人と会えるようになる

(8−4) 結局、休職はこれが一番重要なのだ

 

(9)二度目の復職~順調のようでも絶対に波は来る。

(9−1)退職ではなく2度目の復職を選んだ理由とは?

(9−2) 復職当初はムダな疲労がたまる。

(9-3) そんなアドバイスもあるんだ!

 

「休職」と「復職」は経験した者でしか分からない。

僕は新卒入社した大企業で2回も休職しています。
そして、休職だけではなく、復職も2回経験しています。

その一連の苦悩をこの「第2巻」で記しています。

復職がなかなか出来なくてもがき、復職前後の焦りに身もだえるぼく。
若さ故に、今では想像もつかない種類の悩みを抱えていました。

「若い」ということは美徳だけではありません。
「苦い」という悪徳すら包含するのです。

その模様をこの「第2巻」で強調したいと思って書きました。
もしよろしければ、サラリーマンのメンタル戦略として私の事例を一読して頂きたいと思います。

何故なら……

「休職」と「復職」は経験者でしか分からないからです。

 

今年中なら107円で買えます!

現時点で、このシリーズ(「エリートサラリーマンのうつ転落記〜 時給1066円が教えてくれたこと」)の第1巻と第2巻はそれぞれ107円でKindleから発売されています。

しかし、来年からはこの作品(第2巻)も「Kindeセレクト」というプログラムとして出品する予定です。そうなると、「Kindleセレクト」の最低価格である「2.99ドル」に値段設定することになります。

ですので、今なら、「第1巻」と「第2巻」は107円で買えます。ちょっと興味がある方は今年中にお買い求め頂ければすごく嬉しいです。

コーヒーを飲みながら、そのコーヒーよりも安い214円で僕の半生を読んでくれませんか?

214円でも高いかな……。

 

エリートサラリーマンのうつ転落記!(第2巻): 時給1066円が教えてくれたこと

 

「第3巻」へ続く。

スポンサーリンク

 
スポンサーリンク

 - 迷走日記, うつからの再起, はじめての電子出版(KDP)

おすすめ記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

第26回・東京ブロガーミートアップ
第26回・東京ブロガーミートアップの補足〜僕の今年の目標を公開します!

  こんにちは。今、鎌倉のスタバで少しくつろいでいるケンタ(@kent …

「ブログ初心者向け文章術セミナー」を行います!→2016年1月9日(土)

いよいよ2015年も終わりにさしかかっていますね。 ぼくは来年(2016年)いろ …

イケダハヤトさんにやさしくシバかれた日。〜もっとシバいて下さい。

イケハヤさんは会ってみるとすごく柔和な人でした。 でも、ぼくはやさーしくシバかれ …

no image
英語メルマガ(第45号)発行しました!~「最近、Twitterでつぶやいてますか?」「engagement」‏

  今日のお昼に英語メルマガ(無料)を発行しました! このメルマガは、 …

おそろしいことに、一度味わった成功は中毒化する。

スポンサーリンク 高城剛さん曰く「一度味わった成功は中毒化する。」   …

あなたのブログのPVが上がらないたった一つの理由

ここ半年のブログのPVがほぼ横ばいなんですよ。 記事を積み重ねても全然上がらんの …

アラフォーのささやかな決心。自分のことを「オッサン」と言わない。

最近、自分より若い人に会う機会が増えました。 そこで、自分の実年齢を言うと「若く …

「生命保険の見直し」以前に生命保険の存在を見直してみよう。

もう年末ということで、年末調整のシーズンですね。 会社員の方は「扶養控除申告書」 …

みんな:「60歳までに1億円貯めないといけないんです。」ぼく:「それで何がしたいの?」

ぼくは男なんですが「日経WOMAN」を読んでました。 すると、こんな特集があった …

もしイケダハヤトさんが本当に高知で「うつ病村」を作ったら。

最近、イケダハヤトさんが打ち上げようとしている「うつ病村」というのが気になってい …