ケンタの日本全国スタバ旅 (Starbucks trip)

日本のコンセプトストアを制覇した「スタバ旅行家」のケンタが47都道府県のスタバを巡りまくる!

*

「座りすぎは第2の喫煙」という新説を羽田圭介の「スクラップ・アンド・ビルド」で痛感した。

      2016/10/12

最近、「座りすぎ」がもたらす悪影響が話題になっています。
こんな調査結果があるようですね。

オーストラリアで行われた22万人規模の調査では、一日11時間以上座っていると、4時間未満の場合と比べ、死亡リスクが40%高まるとの結果が明らかになった。イギリスやアメリカでも、座りすぎが心血管疾患や糖尿病、一部のガンなどを引き起こすと報告されている。

引用:座り過ぎは第2の喫煙になるのか?! | BULAg

日本でもホワイトカラーの多くの方たちが座りすぎではないでしょうか?
ええ、ぼくも座りすぎです。

そして残念ながら、座りすぎは「第2の喫煙」と言われるくらいの悪習慣なのですね。

 

「スクラップ・アンド・ビルド」のざっくりしたあらすじ

そんな折に、ぼくは羽田圭介さんの「スクラップ・アンド・ビルド」を読みました。
羽田圭介さんといえば、ぼくの中に鮮明に残っているのは「メタモルフォシス」というSM小説。あの小説はすごかった……。

さて、この小説の主人公は健斗という28歳の若者。
彼はカーディーラーを退職し、行政書士試験を独学で勉強している「フリーター」です。彼は行政書士の試験勉強している最中に月に1、2度は企業の中途採用の選考を受けています。

健斗は祖父と同居しているのですが、健斗はあることを願うようになりました。
祖父に苦痛を伴わない「尊厳死」を実現させようとするのです。

そんなある日友人から一つの助言を受けます。

「しかし健斗の言うことを本当に実現させるとなると、被介護者の動きを奪うのが一番現実的で効果的だろうな。時間はかかるけど」

「投薬増やすとかじゃなくて?」

人間、骨折して身体を動かさなくなると、身体も頭もあっという間にダメになる。筋肉も内臓も脳もすべて連動してるんだよ。骨折させないまでも過剰な足し算の介護で動きを奪って、ぜんぶいっぺんに弱らせることだ。使わない機能は衰えるから。要介護を五にする介護だよ。バリアフリーからバリア有りにする最近の流行とは逆行するけど。」

この友人は介護士なのですが、「過剰な足し算の介護」という表現がおそろしく感じました。

 

「足し算の介護」をされないために座りすぎはやめよう。

老人にいろいろと手助けをすることは、いっけん親切に見えるようですが見方を変えれば「身体を動かす機会」を奪っていることにもなります。

この小説でも健斗はどんどん祖父の手伝いをする(=足し算の介護)ようになります。

でも、上記にあるように使わない機能は衰えます。自分でできることを他人に任せていてはいろいろな身体の機能が衰退していくのです。

一方で、座りすぎが身体に与える悪影響もこの「足し算の介護」に通底するのではないのでしょうか?

「自分を甘やかすといけない」とふとこの小説を読んでいて感じ取ったのです。とりあえず、電車ですぐに座るの止めようっと。

スポンサーリンク

 

 
スポンサーリンク

 - 読書日記

おすすめ記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

為末大の「諦める力」を読んで人生をさくさくロスカットせよ!

小さい頃、「努力すれば夢はかなう」とか「あきらめたらそこで試合終了だよ」とか散々 …

読書日記(19)「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?」木暮太一

今日みたいに雨の日は、読書に限りますね。 しかも、タイトル通り「僕たちはいつまで …

「WORK SHIFT」を読むとなぜか友だちが欲しくなった。

今さらですが、リンダ・グラットンの「WORK SHIFT」という本を読みました。 …

読書日記(33)「弱いつながり」東浩紀 〜「自分からキルな!キラれるのは仕方ない!」

  こんにちは。ケンタ(@kentasakako)です。 今年もあと2 …

ぼくはこの13ヶ月失敗しまくろうと思う。〜「英雄の書」黒川伊保子

気付けばもう師走ですね。というかもう12月3日ではないですか! もう師走も3日経 …

【サラリーマンの確定申告】所得税が戻って来る「損益通算」というマジックとは?

今日新聞を読んでいると、こんな記事を発見しました。 架空所得で税還付、指南役ら告 …

読書日記(28)「ジバク」 山田宗樹 〜「素晴らしき大転落記」

  この本の内容を一言でいえば、 「人生という名の転落記」 でしょう。 …

読書日記(40)「リアル・スタートアップ~若者のための戦略的キャリアと起業の技術」塩野誠 〜いいですか。同じ1年を何度もやってはいけません。

  おはようございます。成人の日、いかがお過ごしでしょうか? ケンタ( …

虐待経験がスゴすぎて読み進むのが怖い本〜「土の中の子供」(中村文則著)

ちょっと前に「アメトーーク」という番組で「読書芸人」を取り上げていました。そこで …

no image
読書日記(36)「30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由」杉本宏之 〜「夢」や「目標」は管理するべきだろうか?

  こんばんは。 明日からのスタバ旅に備えているケンタ(@kentas …