ケンタの日本全国スタバ旅 (Starbucks trip)

日本のコンセプトストアを制覇した「スタバ旅行家」のケンタが47都道府県のスタバを巡りまくる!

*

「ブログ書けない病」のボスキャラの倒し方

   

最近、僕がブログを立ち上げたと同時に、ブロガーからこういう声をよく聞くようになりました。

「最近、ブログが書けないの」

そこで、今回、曲がりなりにも10年以上インターネットでの情報発信をしている僕が(偉そうに)この現象についてひも解きたいと思ったのです。

 

それは、「時間がないから」?「ネタがないから」?

このような悩みの種は大雑把に言うと、2つに分類されるように思います。その2つとは、以下です。

●「時間がない」

●「ネタがない」

まず、前者から片付けましょう。

「時間がないからブログが書けない。」

この解決方法として、私はこのようなアドバイスをします。

「もうブログを書かなくていいよ。」

時間がないという理由でブログが書けない人は、その時点でブログの優先順位が圧倒的に下なわけです。だから、無理してブログを書く必要は全くないのです。むしろ、「書かなければいけない」という義務感だけが先走っている可能性が高いので、「ブログ」なんかよりあなたの好きなこと、没頭できることに集中しましょう!

ちなみに僕は、時間がないという理由でブログが書けないという状態に陥ったことがありません。それは、僕の人生の中で「ブログを書く」という優先順位がグングンと上位に上がったからです。それは、プレビュー数が上がったからとか、ブログで飯を食っていくからというモチベーションではありません。

僕の場合、ブログがマネタイズしているかどうかに関わらず、「人生の優先順位」の上位にあるからブログを書いている訳です。

 

「ネタがない」?本当にないの?

次に、よく聞くのが、「ブログのネタがない」という理由です。

この悩みはブロガーが最初に通過する、いわば「ブロガーの登竜門」とも呼べるでしょう。

そして、これに対する僕のアドバイスはこれです。

「ネタがなければ、作ればいいじゃん。」

僕のブログのタイトルを見て下さい。

「ケンタの日本全国スタバ旅」ですよ。

「え、何それ?」って感じですよね。

コンテンツを見てみても、「スタバ旅」だけではなくて、読書日記とか自分の思っていることとかぶっちゃけ、「統一感がない」感じがしますよね。

とにかく、ブロガーさんたちは自分が何かを作り出してやる、という気持ちで文章を書くと面白くなると思います。でも、こればかりはメンタルの力が必要になります。というのも、ほとんどの人は「コンテンツ」を作った経験がないのですから。

だから、もう何でもいいので、自分でネタを作っちゃいましょう。

僕は絶対に「ケンタ」というキャラクターを世間に知らしめたいと思うので、ネタがないという状況にはならないと思います。ネタがなくなったら、「スタバ旅を再開するための極貧バイト生活」とかでリアル貧乏生活をネタにしたりするかも。僕はダサいので「おしゃる技術(パクリ編)」とか始めるかも。

もう何だっていいのです。好きなこと書きましょ。

 

 

 

……しかし、それだけではないのです。ブロガーが本当に苦しんでいるのは。

ブログが書けない最大の理由(ボスキャラ)はこれだと思います。

ブロガーを本当に苦しめるのは「読者の目」だ。

特に、バズった直後。

相当数の読者に見られるという事実を受けて、書くことをどうしても放棄してしまいたい心情にさいなまれます。まじで、この恐怖は凄まじいです。

また、バズった後だけではありません。ずっと継続してブログを書いているのに、ある日突然、書けなくなることもあります。時間のせいでもなく、ネタ切れのせいでもなく、一重に「自分はこんな内容の文章を書いて公開していいのか?」という飽くなき疑問を自分に呈してしまうのです。

これは、ある一定の期間書いているブロガーが直面する悩みだと思います。

少なくとも僕はこの悩みに懊悩していました。

そこで、この悩みに僕は勇気を出して、全てのブロガーさんにこの一言を発したいと思います。

 

「大丈夫。どうせ誰も君のことなんて見てないから。」

 

僕は書くことができなくなる自分にこうささやいています。

●著名人にシェアされてバズったの。多数の人が見るようになって書くことが怖いよ。

「それがどうしたの?大丈夫、誰も見ないよ。」

●「スタバ旅」とか言って、最近ほとんど「旅」してないよ。読者の人に面目ないよ。

「それがどうしたの?大丈夫、誰も君の旅なんかに期待してないよ。」

●アクセス数が全然のびなくて、書く気力がわかないの。

「それがどうしたの?大丈夫、書ける日が来るまで待てばいいじゃん。」

 

「ブログ飯」の染谷さんに質問したこと。

 

最後に個人的な経験を一つ。

僕は今年のはじめに、「ブログ飯」で有名な染谷さんのワークショップに参加して、「ブログのいろは」についていろいろと教えてもらいました。

そのとき、僕は一つの質問をしました。

「染谷さん、一つ質問があります。僕は、ブログを書くときにどうしても『打率』を気にしてしまうのです。染谷さんは『打率』を気にするタイプですか?」

 

ここで「打率」と表現しているのは、「全投稿数における面白い投稿数」のことを指します。つまり、クオリティの高い記事しか投稿してはいけないのかどうかを染谷さんに聞きたかったのです。

すると、染谷さんは確かこのような答えを示唆してくれました。(多少脚色していますが)

「そこでいう『打率』は一切考えません。とにかく打席に多く立ち、その中でヒットを一本でも多く打つことを考えることです。『打率』ではなく、『打数』を気にするべきです。打率を考えるのは、規定打数に達成してからです。」

な、なんと。

先日に読んだ堀江さんの「ゼロ」と同じようなことをおっしゃったのです。

つまり、こういうことですよ。

スポンサーリンク

 

つべこべ言わず、「小さなイチ」を足しなさい。

 

 

 
スポンサーリンク

 - 迷走日記

おすすめ記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「コンビニ人間」の主人公が教えてくれた大事な教訓。

155回芥川賞を受賞した村田沙耶香著「コンビニ人間」。   コンビニ人間 pos …

転落する前に知っておきたい「自立支援医療制度」。医療費が大幅に安くなるんです。

ぼくが10年以上前に心療内科の門をたたいたとき、驚いたことがあります。 それは、 …

貯金ではなく「働きつづける能力」を伸ばすことの方が超大事。

スポンサーリンク   ●カイジの生き様に見る「負けない哲学」 この10 …

ぼくが新卒入社した大企業を辞めたちっぽけな理由とは?

連結従業員数7000人、連結売上高1兆円の大企業。 新卒でこれだけの大企業に入れ …

no image
(KDPプロジェクト−その5)どうやってePubファイルを作成するか?

KDPで出版する際に、けっこう僕たちを悩ませるのが、 「ファイルを転換する」 と …

僕が「NISA(ニーサ)」をディスる3つの理由

明日から12月ですね。あっという間に師走ですね。 そして、もう年末ということでい …

ココとココだけ読んでおきたい「就業規則」〜3分で終わります。

意外とサラリーマンの方が見落としているのが「就業規則」なんです。 誰も教えてくれ …

僕の人生を1245円で買ってください!〜「第2巻」休職と復職を繰り返す地獄の日々

今日は、前回の「僕の人生を1245円で買って下さい!「第1巻」編」に引き続き、「 …

僕の人生を1245円で買ってください!〜「第1巻」ストイックの世界へようこそ。

これまでいろいろな人に会いましたが、 「いや〜、私の人生は本で売れるほど壮絶です …

Twitterで世界を知ろう!(2015年1月26日)〜今日のニューヨークは大雪らしいですよ!「blizzard」

  おはようございます。ケンタ(@kentasakako)です。 さて …