ケンタの日本全国スタバ旅 (Starbucks trip)

日本のコンセプトストアを制覇した「スタバ旅行家」のケンタが47都道府県のスタバを巡りまくる!

*

読書日記(5)「東大卒ポーカー王者が教える勝つための確率思考」 木原直哉 〜節約なんかするな!

      2016/10/09

 

●節約

この「節約」という言葉は日本人は美徳として崇められます。

そして、私も「節約」に励行しています。

しかし、しかし、この筆者は「節約」に対して全否定なんですよね!

 

節約なんかするお金あったら将来のために使いなさい!

 

木原さんは著書でこう述べます。

 

何をするかはもちろん人それぞれですが、自分は将来の自分が感じるだろうお金の価値が、今よりも減っている方が基本的には幸せだと考えます。

今のお金の価値が高いと考えているのなら、むしろ将来のために、価値が高いうちに、興味の向くもの、好きなことに使ってしまった方がいいと思います。

もし節約するために頭を働かせているのなら、二重にもったいないことです。その思考能力とお金の両方を将来の自分の価値を向上させる方向に振り向けた方が
きっと楽しい、幸福な人生が開ける気がするのです。

上記の最初の部分はインフレとかいうマクロ経済的な視点ではなく、
単純に自分の将来に向けて投資した方が後々に入ってくるお金が増えるから「お金の価値が下がる」という考え方ですね。

 

著者の木原さんは小学生の頃から20年かけて30万円貯めたのようですが、それはポーカーの一日分の参加費にしかならないそうです。それだったら30万円貯金するより、その30万円を使って経験を買った方がいい。

ちなみにこの本の一つのキーワードは「試行回数」だと思います。
世には「センミツ」という言葉があり、1000回の試行回数があれば3回くらい成功すればいいほうだという意味合いがあります。

しかし、人生で起きるほとんどのことは試行回数が一度きり。

結婚とか離婚とかという経験は何度もする人はいるだろうけど、基本的には一度きりですものね。

まぁ、未来なんて分からないんだから楽しく生きよう、と願うのにはピッタリな本です。

 

スポンサーリンク

 

 
スポンサーリンク

 - 読書日記

おすすめ記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

宝田明さんの終戦記録がすさまじくて1分くらい茫然としてしまった。

スポンサーリンク 今日はゆっくり新聞を読もうとしたところ、壮絶な記事を見つけまし …

「お金」を貯めることよりも重要なこと。

本屋をフラフラしているとあるタイトルにひかれて手にとってみました。 「なぜゴッホ …

書評ブログは本当にレッドオーシャンなのだろうか?いや、ブルーです。

最近、ほぼアクセス数が伸びないなか淡々と更新を続けてきたのですが、意外なことに気 …

もしアラフォー男子がはあちゅうの「とにかくウツなOLの、人生を変える1ヶ月」を読んだら

今日やっと、はあちゅう著「とにかくウツなOLの、人生を変える1ヶ月」を1週間かけ …

読書日記(58) 「会計天国」竹内謙礼、青木寿幸 〜「芸歴1年ブレーク芸人と芸歴10年成功芸人との違いは?」

おはようございます。ケンタ(@kentasakako)です。 今日は会計の基礎を …

日本人が絶対に正社員の座を離さない理由とは?

おはようございます。日曜の朝早くに目覚めたケンタ(@kentasakako)です …

ちきりんさんの「マーケット感覚を身につけよう」で気付いたんだけど、ぼくのスタバ旅って大失敗?

ていうか「マーケット感覚」ってなに?   最近やけに周りで「マーケット感覚」とい …

チャンスに気付くものだけが勝負に勝てる!〜「砂の王宮」楡周平

読書の秋ということで、久々に楡周平の小説を読みました。 以前、楡さんの「修羅の宴 …

お金は墓場まで持っていけません。〜「貸し込み」黒木亮

おはようございます。ケンタ(@kentasakako)です。 今週はスタバ旅の移 …

虐待経験がスゴすぎて読み進むのが怖い本〜「土の中の子供」(中村文則著)

ちょっと前に「アメトーーク」という番組で「読書芸人」を取り上げていました。そこで …