ケンタの日本全国スタバ旅 (Starbucks trip)

日本のコンセプトストアを制覇した「スタバ旅行家」のケンタが47都道府県のスタバを巡りまくる!

*

読書日記(5)「東大卒ポーカー王者が教える勝つための確率思考」 木原直哉 〜節約なんかするな!

      2016/10/09

 

●節約

この「節約」という言葉は日本人は美徳として崇められます。

そして、私も「節約」に励行しています。

しかし、しかし、この筆者は「節約」に対して全否定なんですよね!

 

節約なんかするお金あったら将来のために使いなさい!

 

木原さんは著書でこう述べます。

 

何をするかはもちろん人それぞれですが、自分は将来の自分が感じるだろうお金の価値が、今よりも減っている方が基本的には幸せだと考えます。

今のお金の価値が高いと考えているのなら、むしろ将来のために、価値が高いうちに、興味の向くもの、好きなことに使ってしまった方がいいと思います。

もし節約するために頭を働かせているのなら、二重にもったいないことです。その思考能力とお金の両方を将来の自分の価値を向上させる方向に振り向けた方が
きっと楽しい、幸福な人生が開ける気がするのです。

上記の最初の部分はインフレとかいうマクロ経済的な視点ではなく、
単純に自分の将来に向けて投資した方が後々に入ってくるお金が増えるから「お金の価値が下がる」という考え方ですね。

 

著者の木原さんは小学生の頃から20年かけて30万円貯めたのようですが、それはポーカーの一日分の参加費にしかならないそうです。それだったら30万円貯金するより、その30万円を使って経験を買った方がいい。

ちなみにこの本の一つのキーワードは「試行回数」だと思います。
世には「センミツ」という言葉があり、1000回の試行回数があれば3回くらい成功すればいいほうだという意味合いがあります。

しかし、人生で起きるほとんどのことは試行回数が一度きり。

結婚とか離婚とかという経験は何度もする人はいるだろうけど、基本的には一度きりですものね。

まぁ、未来なんて分からないんだから楽しく生きよう、と願うのにはピッタリな本です。

 

スポンサーリンク

 

 
スポンサーリンク

 - 読書日記

おすすめ記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

綿矢りさの「夢を与える」を読むと恋愛ボキャブラリーが著しく増加する件

こんにちは。ケンタ(@kentasakako)です。 僕は作家として綿矢りささん …

大前研一の本で考える。子供への教育よりまずは自分と妻へ投資してみたら?

久々に大前研一の本をパラパラ読み返しました。 「訣別-大前研一の新・国家戦略論」 …

読書日記(24)「ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく」堀江貴文

実は、僕はこの本を前にして、「いやいや、どうせよくある自己啓発書でしょ」と思って …

読書日記(32)「晴天の迷いクジラ」窪美澄 〜うつ病で苦しんでいる人へ、たった4文字のメッセージ。

  突然ですが、日本人ってなぜこんなに働き者なのでしょうか? もう年末 …

「マチネの終わりに」がプラトニックすぎて違和感を感じてしまった件

平野啓一郎さんの「マチネの終わりに」という小説を読了しました。 この小説は「アメ …

内気な人に朗報!あなたの「内向性」こそ最大の武器です。

世間では「人見知り」や「内気」な性格を毛嫌いする傾向にあります。 ぼくも本当はす …

もしアラフォー男子がはあちゅうの「とにかくウツなOLの、人生を変える1ヶ月」を読んだら

今日やっと、はあちゅう著「とにかくウツなOLの、人生を変える1ヶ月」を1週間かけ …

読書日記(12)「獅子頭」楊逸

  中国の田舎から「大連」という都市へ。そして日本へと舞台が移りますが …

読書日記(40)「リアル・スタートアップ~若者のための戦略的キャリアと起業の技術」塩野誠 〜いいですか。同じ1年を何度もやってはいけません。

  おはようございます。成人の日、いかがお過ごしでしょうか? ケンタ( …

近代の日本を語るときに読んでおきたい船戸与一の「風の払暁(満州国演議1)」

亡き船戸与一さんの大作が全9巻完結しました。その名も「満州国演義」。 最近は文庫 …