ケンタの日本全国スタバ旅 (Starbucks trip)

日本のコンセプトストアを制覇した「スタバ旅行家」のケンタが47都道府県のスタバを巡りまくる!

*

「お金」を貯めることよりも重要なこと。

      2016/10/12

本屋をフラフラしているとあるタイトルにひかれて手にとってみました。
「なぜゴッホは貧乏で、ピカソは金持ちだったのか?」という本です。
あまり期待せずに読んだのですが、なかなか勉強になったのでオススメですよ。

 

多くの人は起業した人の事後的な経緯に注目しがちだけれど、実は起業前に勝負はある程度ついているんですよね。上記にあるように、起業以前に貯めてきた「信用」がものすごく重要なのです。信用がまったくない状態で起業しようとしても至難のわざでしょう。資本ももちろん重要ですが、お金以上に信用を築くほうが効率的な起業ルートなのかもしれません。

 

ところで、「信用」ってなに?

そうですよね。SNS全盛の現在では「信用」のあり方も少し変わっています。
筆者は、個人の信用を計量化する指標として以下のようなものを挙げています。
(一部抜粋)

・書いているブログの読者の質と量
・本を出していることとそのAmazonのレビュー
・Twitterのフォロワー数とFacebookの「いいね!」数
・Twitter・フォロワー数の多い人からのフォロー
・レーティングの高い人との関係の濃さ
・Facebook共通の友人数
・学歴・職歴
・年収・税金
・容姿・外見
・使用可能な言語数
・住所
・IQの高さ
・年齢

ここでズバッと刺さるのは「Twitter」や「Facebook」などのSNSに関する指標です。ぼくはここらへんが非常に弱い。
もともとぼくは人間関係を作るのが非常に下手なので、ネットワーク上でもあまり友だちがいないんです。

ま、究極的には友だちはいらないんですけどね。

参考:読書日記(67)「君に友だちはいらない」瀧本哲史 〜ぼくに友だちがいないたった一つの理由とは?
ところで、本のタイトルにもなっている「ゴッホが貧乏」で「ピカソが金持ち」の理由を知りたいですか?その理由はこの本に丸投げしますが、ピカソの「信用」の作り方が勉強になりますよ。

この本を読むと、お金というものは信用と価値の結果にすぎないことが分かります。とにかくまずは信用を築くことから始めましょう。
お金は後からついてくる。

 

 - 読書日記, ドヤ顔できる経済学

おすすめ記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「生命保険の見直し」以前に生命保険の存在を見直してみよう。

もう年末ということで、年末調整のシーズンですね。 会社員の方は「扶養控除申告書」 …

西加奈子の「サラバ!」は名言ラッシュ!〜「あなたが信じるものを、誰かに決めさせてはいけないわ。」

先週、甲府スタバ旅に出かけたのですが、旅のおともに西加奈子の「サラバ!」を持って …

今さら聞けない「ギリシャ問題」。そもそも明日の国民投票ってどんな意味があるの?

いよいよ明日、ギリシャで国民投票が行われますね。 しかし、一体全体ギリシャで何が …

読書日記(2)「イノベーション・オブ・ライフ ハーバードビジネススクールを巣立つ君たちへ」

この本は、ハーバードビジネススクールの看板教授による最終講義「イノベーションのジ …

伊坂幸太郎の「重力ピエロ」はすべての父親の必読本です。

最近、ヒマさえあればむさぼるように本を読んでいますが、いい小説というのは時空を超 …

読書日記(22)「我が志アフリカにあり」 島岡由美子

タンザニアの「革命児」と言えば、日本人の旅人の間でめちゃくちゃ有名のようです。先 …

こんな自己啓発は買うな
こんな自己啓発本は読んではいけない。

ずっと遠ざけていたのですが、最近、自己啓発系の本などをパラパラと読んでいました。 …

あなたの人生は「失う日々」ですか?「積み重ねる日々」ですか?〜「ロストデイズ」大崎善生

先日、大崎善生さんの「ロストデイズ」という小説を読んでいました。 すると、ぼくと …

読書日記(26)「あの男の正体(ハラワタ)」牛島信 〜「失敗の瞬間をとことん味わう重要性」

この本の著者の牛島さんは「株主総会」や「株主代表訴訟」などの企業経営についての小 …

はたして「軽減税率」でスタバのテイクアウトがいくら得するのか?

最近、日本の迷走ぶりが半端ない気がします。 特に「軽減税率」は目も当てられない… …