ケンタの日本全国スタバ旅 (Starbucks trip)

日本のコンセプトストアを制覇した「スタバ旅行家」のケンタが47都道府県のスタバを巡りまくる!

*

「ああ、時間が足りない!」とお悩みの方はまずは「自分の時間」を読もう。

      2016/10/12

会社員として勤務してから一週間がたちました。つ、つかれたー。
さて、この一週間、ある本を読んだことがきっかけで時間管理を確立しようと試みていました。

その本とは、アーノルド・ベネットの「自分の時間」です。

 
 
この本は本気を出せば30分で読めるかもしれませんが、けっこう時間管理の入門書として非常に優れていると思うんですよ。
実際、ぼくもこの本を読んでかなり時間の使い方を意識した一週間となりました。
どんなことを意識したのかをちょっと述べてみますね。

一日24時間を「二部構成」で考えてみる。

ぼくたちはややもすれば、会社に拘束されている時間を「主」、それ以外の時間を「従」とみなしがちです。つまり9時〜17時までの仕事時間のために一日が存在し、17時以降は翌日の仕事のための疲労回復に充てるという考えです。

これは当然の発想だと思います。

ここで、ベネットは本書でこう述べているのです。
(ここでは勤務時間が10時から18時の想定です)

充実した完全な一日を送りたいと思ったら、頭の中で1日の中にもうひとつ別の1日を設けるようにしなければならない。この「内なる1日」はひとまわり大きな箱の中に入っている小さな箱のようなもので、夕方6時に始まって翌朝の10時に終わる。16時間の1日というわけである。
そして、この16時間はすべて、もっぱら自分の心と身体を成長させ、同胞を啓発することだけに使うのだ。

仕事が「主」それ以外を「従」という考えではなく、1日を2部構成として捉えているのです。そう考えると、仕事が終わった後から翌朝仕事が始まるまでを、完全に自分の時間として利用することができます。

こういう気付きは本を読んだ直後は納得するんですが、すぐに忘れるんですよね。そこで具体的な「習慣化」が大事になるのです。

 

週3回90分、毎朝30分は「成長のため」に使え!

もうぶっちゃけていうと、この本の要諦は以下の一文でまとめられます。

朝と夜にそれぞれ自分の時間を作れ、と。

もうすこし具体的に引用してみましょう。

まず手始めに、ひと晩おきに1時間半、何か精神の向上になるような意義のあることを継続してやってみてはどうだろうか。

そのうえで、筆者はこう提案します。

週6日、毎朝の少なくとも30分間、そして週に3晩1時間半ずつ、合計すると週7時間半になる。〜略〜
この7時間半をフルに活用すれば、その週全体が活気と情熱にあふれたものとなり、退屈きわまりない職業にさえ関心が増すようになる。

つまり、週に7時間半を「自分の時間」として確保すれば、人生の充実度はまったく変わったものになるだろう、ということです。

 

ぼくは毎朝の30分を英語の勉強にあてることにした。

8月からぼくは新しい環境で仕事をすることになり、時間管理を再考してみました。まずはこの「自分の時間」を読んで朝の30分を何かの勉強にあてようとしたのです。

まっさきに浮かんだのは「英語のボキャブラリー強化」です。

具体的には、Twitterでフォローしているアメリカのジャーナリストのツイートを読む。スマホでREUTERSやWashingtonPostのヘッドラインを読む。など、これだけでゆうに30分を超えちゃうんですよ。

この時間を最近ホームになった幕張イオンスタバで過ごしています。

 

夜の90分を何に充てようかまだ考えている最中ですが、とにかく自分で時間をコントロールしている感覚を持てるのが重要。

ちょうど夏休みのシーズンなので、普段「時間足りんわー!」とお思いの方はこの本を読んでみてはいかがでしょう。すぐ読み終わるからね!

 

 - 読書日記, ドヤ顔できる経済学

おすすめ記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

5セント最強説!損したくない人は全力で5セント玉を集めるべし〜「リスク・テイカーズ」(川上穣著)

先日、「リスク・テイカーズ ―相場を動かす8人のカリスマ投資家」という本を読んで …

読書日記(18)「モチベーション3.0」ダニエル・ピンク

最近は少し経済学に絡んだ本を読むようにしています。その中でも、サラリーマンにとっ …

子育ては「サンクコスト」を勉強するトレーニングだと思う。

ちょっと個人的な話を少々。 育児ってサンクコストを考えると、泣きたくなるんですよ …

北京大学生のストイックがすごい。〜「われ日本海の橋とならんー内から見た中国、外から見た日本ーそして世界」加藤嘉一

おはようございます。体調がちょっとずつ戻ってきたケンタ(@kentasakako …

「余命二億円」を読んで命の有限性を思う。

ぼくの父親は30年前に心筋梗塞にかかりました。 今から何年も前のことですが、その …

起業するにはまず独占せよ!ピーター・ティールの「ZERO to ONE」論争

「ゼロからイチを作ることが大切だ。」 このようなフレーズはよく言われていますが、 …

金持ちになりたくない一つの理由が「後妻業」に書かれている。

スポンサーリンク 誰しもが金持ちになりたいと思っている。それ、本当か? &nbs …

無職が金原ひとみの小説を読むとチクチク刺さる。

先月、金原ひとみの小説「軽薄」を読みました。 ストーリー的にはけっこうきわどい設 …

読書日記 (20) 「ぼくはお金を使わずに生きることにした」 マーク・ボイル著

ここ数日、連続して「生き方」を模索する本を紹介しています。 「これからどんな生き …

虐待経験がスゴすぎて読み進むのが怖い本〜「土の中の子供」(中村文則著)

ちょっと前に「アメトーーク」という番組で「読書芸人」を取り上げていました。そこで …