ケンタの日本全国スタバ旅 (Starbucks trip)

日本のコンセプトストアを制覇した「スタバ旅行家」のケンタが47都道府県のスタバを巡りまくる!

*

奴隷サスペンス「ささやかな手記」で震えがとまらない。

      2016/10/12

ぼくは以前から「人間の限界」ということに興味があったのですが、最近、壮絶な物語を読んでしまいました。
 
老人に監禁され奴隷にされる物語、その名も「ささやかな手記」。
 
この本はフランスで出版され、推理小説大賞にも選出された傑作とのことです。
これ、21世紀では考えられないおぞましい内容なんですよ。
おもわず自分が奴隷になることを想像し身もだえてしまいました。

 

これ、読みはじめるとページがとまらないんですよ。
日本経済新聞もこの本を「ページターナー」(読み出すとページを繰る手が止まらない)として紹介していますね。

参考:ささやかな手記 サンドリーヌ・コレット著 監禁と奇怪な心理のドラマ :日本経済新聞

奴隷ストーリー「ささやかな手記」のあらすじ

本の裏表紙にある「あらすじ」がものの見事にストーリーを要約しています。
主人公は、フランス人のテオです。

目覚めると、鎖をつけられ、地下室で監禁されていた―――。
ある事情から、人目を避けて南フランスの田舎の民宿に滞在していたテオは、周囲の山中を散策していたところ、廃屋めいた家に暮らす老兄弟によって囚われの身となってしまう。地下室の先住民リュックは、彼にこう告げる……「地獄へようこそ」。
あらゆる農作業と重労働、家事に酷使され、食べ物もろくに与えられず、テオは心身ともに衰弱していく。ある日、老兄弟の隙をついて脱出を試みるが。

「脱出を試みるが。」で上記の説明は終わっていますが、この後の展開がもうすさまじいんですよ。
ぜひ、読んでみて味わってみてください!

 

ネタバレになるけど、脱出を試みたときの場面は必読!

ぼくがこのストーリーで一番印象的だったのは、テオが監禁状態から脱出しようとしたところ。ちょっとネタバレになりますが、テオはほんの隙をみて老兄弟から脱出しようとします。

その際に、腕を銃で撃たれてしまいますが、なんとか二人の目からは逃れられたので一瞬ホッとするのですが、老兄弟の関係者に再び捕らえられるんですよ。

もうこのときの絶望感たるや。

そして、この後の老兄弟の仕打ちときたら半端なものではありませんでした
挙句のはてには、銃で撃たれた腕を医者に見せることなく、自分たちで消毒しようとするんです。
その方法とは……テオに強い酒を飲ませて、麻酔代わりにして、煮えたぎった油を腕にぶっかけるという。

まじか。

ぼくは本を読みながらドン引きしました。

このときの描写はこんな感じです。

そう言われた瞬間、椅子に縛りつけられて泥酔していたにもかかわらず、またぞろ恐怖に襲われた。だが、なにもできない。部屋がぐるぐる回っている。吐き気がこみあげる。俺は錯乱し、なにがなんだかわからなくなってきた。

幸いにも。
バジルが煮えたぎった油を腕に注いだ瞬間、俺はジョシュアが後ろに飛びのくほどのすさまじい絶叫を張りあげた。~略~
俺は、気を失った。

じきに分かるのですが、この老兄弟はテオをまったく人間扱いしていないんですよ。読みすすめると、「もう止めてくれ」と叫びたくなるほど凄惨な物語。
でも、読むのを止められないんです。

ああ、これは「土の中の子供」を彷彿とさせる虐待ぶり。

参考:虐待経験がスゴすぎて読み進むのが怖い本〜「土の中の子供」(中村文則著)

 

あれ?銃撃された腕はどうなったの?

さて、テオの命は助かるのでしょうか。
と結末に注目したいところですが、最後に一つだけ心残りがあります。
それは、銃で撃たれた腕のその後の経過です。
銃で撃たれて穴が開いたうえに、大やけどを負った腕が果たして「腕」として機能し続けられるのでしょうか?壊死してしまったのでしょうか?

「腕はどないなったねん?」というツッコミをしながら、この壮絶な奴隷物語をぜひ読みすすめてみてください。

 

 
スポンサーリンク

 - 読書日記

おすすめ記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「金があるから幸せ」ではなく「幸せだからお金がついてくる」。〜「孤独の科学」ジョン・T・カシオポ著

スポンサーリンク ●幸せってなんだっけ? 最近、「幸せ」について考えています。 …

伊坂幸太郎の「重力ピエロ」はすべての父親の必読本です。

最近、ヒマさえあればむさぼるように本を読んでいますが、いい小説というのは時空を超 …

「ああ、時間が足りない!」とお悩みの方はまずは「自分の時間」を読もう。

会社員として勤務してから一週間がたちました。つ、つかれたー。 さて、この一週間、 …

「マチネの終わりに」がプラトニックすぎて違和感を感じてしまった件

平野啓一郎さんの「マチネの終わりに」という小説を読了しました。 この小説は「アメ …

読書日記(19)「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?」木暮太一

今日みたいに雨の日は、読書に限りますね。 しかも、タイトル通り「僕たちはいつまで …

人生がうまくいかない時にこそ熟読したい「クリエイティブマインドセット」〜「今のうちに小さな失敗をしておこう!」

正直、最近とても辛いです。 心身ともに疲弊していて、誰とも会いたくないという精神 …

読書日記 (20) 「ぼくはお金を使わずに生きることにした」 マーク・ボイル著

ここ数日、連続して「生き方」を模索する本を紹介しています。 「これからどんな生き …

読書日記(12)「獅子頭」楊逸

  中国の田舎から「大連」という都市へ。そして日本へと舞台が移りますが …

はあちゅうの「半径5メートルの野望」を読んで夢の叶え方を考えてみた!

最近、はあちゅうさんをテレビなどのメディアで見る機会が多くなって、今さらながら著 …

もしアラフォー男子がはあちゅうの「とにかくウツなOLの、人生を変える1ヶ月」を読んだら

今日やっと、はあちゅう著「とにかくウツなOLの、人生を変える1ヶ月」を1週間かけ …