ケンタの日本全国スタバ旅 (Starbucks trip)

日本のコンセプトストアを制覇した「スタバ旅行家」のケンタが47都道府県のスタバを巡りまくる!

*

読書日記(6)「史上最大のボロ儲け~ジョン・ポールソンはいかにしてウォール街を出し抜いたか?」グレゴリー・ザッカーマン

      2015/02/27

ずいぶん前に、「ウルフ・オブ・ウォールストリート」という映画を観ました。

ちょうど「史上最大のボロ儲け」という本も併読していましたので、合わせて雑感を書いてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

お金を儲ける方法を見つけ出したらもうゴールだ。

 

ジョン・ポールソンは、合併アービトラージという専門家でありながら、サブプライムローンの破綻でぼろ儲けするのですが、その幕開けはここから始まりました。
ポールソンがハーバードビジネススクールでの投資クラブの会合に行った際のシーンです。

 

 

コールバーグは銀行家を二人連れてきた。いわゆるレバレッジド・バイアウトの先駆者だった彼はその銀行家二人とともに、わずかな現金と大量の借入金で会社を買収する方法を詳しく説明してくれた。

その話によれば、50万ドルの現金と3600万ドルの借入金である会社を買収し、6ヶ月後にその会社を売り払うことで、1700万ドルもの利益を手中に収めたという。

この会合に出席したことでポールソンの人生は一変した。それは初めてビートルズに出会った時のような衝撃だった。巨額の投資により、莫大な金を手に入れることが可能だと気付いたのである。

ポールソンは、金融機関が保有している住宅ローンの債権が崩壊することを察知し、大量のCDS(注)を買い漁っていたのだ。しかも、保険料が吊り上がらないようにこっそりこっそりと。

(注)CDS(クレジット・デフォルト・スワップ)とは、要するに不良債権が不履行(返済不能)になってしまった際の保険のことで、不良債権が増えると、受け取る保険金がばんばん増えることになるのである。

 

そして、ビンゴ!

2007年ごろ、サブプライムローンがことごとく不良債権と化し、それに保険をかけていたポールソンたちは大儲けするのです。逆張りすることで大儲け。ウォール街の機関投資家たちを出し抜くのです。

 

バブルを一度でいいから味わいたい……

翻って、先日に観た「ウルフ・オブ・ウォールストリート」なのですが。

ストーリー的には、投資銀行のセールス部門に配属しているディカプリオが、得意のセールススキルを使って成りあがり、投資銀行を立ち上げ、ペティファンドなど小さいファンドで成功を収めていく、という筋書き。

ただ、この映画の欠陥を強いて言うなら、投資銀行の仕事内容について勉強になることがほとんどないことなのです。結局、株式の売買手数料の取り分が多いこととIPOで儲かったみたいな感じで、肝心の「どのようにしてディカプリオが大成功したのか」がよく分からないのです。

一方、この映画のいいところとしては、バブル気分を味わえるところ。

私のようなロストジェネレーションとしては考えられない程のバカ騒ぎしています。

ウォールストリートってこんな感じなのか?と戦慄すら覚えます。

あと、麻薬には要注意ということでしょうかね。

最近の日本は特に要注意……

 

(注意)私は金融の仕事をしたことがないので、なんとなくイメージで話しているので、読みにくかったらすみません。。。

 

スポンサーリンク

 

 
スポンサーリンク

 - 読書日記

おすすめ記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

あなたの人生は「失う日々」ですか?「積み重ねる日々」ですか?〜「ロストデイズ」大崎善生

先日、大崎善生さんの「ロストデイズ」という小説を読んでいました。 すると、ぼくと …

宝田明さんの終戦記録がすさまじくて1分くらい茫然としてしまった。

スポンサーリンク 今日はゆっくり新聞を読もうとしたところ、壮絶な記事を見つけまし …

読書日記(61)「まぐれ(投資家はなぜ運を実力と勘違いするのか)」ナシーム・ニコラス・タレブ 〜「ゴチになります」なんて言わなくていい!

  おはようございます。ケンタ(@kentasakako)です。 皆さ …

為末大の「諦める力」を読んで人生をさくさくロスカットせよ!

小さい頃、「努力すれば夢はかなう」とか「あきらめたらそこで試合終了だよ」とか散々 …

死なないために「永遠のゼロ」を読み返してみよう。

スポンサーリンク   8月に入り、夏真っ盛りですね。 この時期になると …

まず使命を見つけよ!〜「だから荒野」 桐野夏生

先月、桐野夏生の小説を立て続けに読んでいました。 そこで今日、私が紹介したい作品 …

読書日記(25)「パイロットフィッシュ」大崎善生 

  この「パイロットフィッシュ」という小説は以下の出だしでスタートしま …

no image
綿矢りさの「しょうがの味は熱い」で思ったこと。結婚は勢いでしてもいいんですか?いいんです!

みなさんは結婚していますか? もしくは結婚したいですか?   スポンサ …

読書日記(4)「世界のエリートの「失敗力」」 佐藤智恵

この本は「エリート」が読む本ではなく、むしろ私みたいな凡人が読むべき本だと思いま …

読書日記 (10)「フリーエージェント社会の到来」ダニエル・ピンク

  大学を卒業して14年。 「サラリーマン」という身分に……未だに馴染 …