ケンタの日本全国スタバ旅 (Starbucks trip)

日本のコンセプトストアを制覇した「スタバ旅行家」がいろいろなことに挑戦していく!

*

成り上がりたかったらヒトに投資せよ!〜「握る男」 原宏一著

      2015/11/01

今日は、すし屋を舞台とした「成りあがり」の小説をご紹介します。
この小説は「すし職人」を目指す人というより「経営者」や「フリーランス」が読むべき本だと思いますよ。

 

 

「ゲソ」という登場人物の言葉が心に刺さる、刺さる。

 

この小説は、主人公である「金森」とその後輩である「ゲソ」が寿司屋を舞台として、成長していく物語ですが、僕は特に「ゲソ」が放つ珠玉の言葉が心に刺さりました。

初めて寿司屋に入門してきた「ゲソ」は16歳かそこらの子供だったのですが、彼はもう彼なりの人生訓を獲得していたのです。以下は、金森とゲソとの会話なのですが、こういう構想って年をとったから獲得できるとは限らないんですよね。

 

 

「けどカネさんだから言うんすけど、相撲界とは懇意にしといたほうがいいすよ。新両国国技館が完成したら、両国の商売は一変しちゃうんすから」

親方は支店開設に張り切っているが、そんなレベルを遥かに越えたビジネスチャンスが転がり込んでくる。そのためにも、企業や金持ちが群れをなす相撲人脈をつかんでおけば商売の幅が飛躍的に広がる。寝る間も惜しんで龍大海と遊んでいるのも、それを見越してのことだという。

「そこまで考えてんのか」

「そりゃそうですよ。一流の人脈をどれだけつかめるか。一番の鮨屋になるためには、それが勝負っすから」

「一番の鮨屋?」

思わず失笑してしまった。ゲソが目指すのは、鮨のレベルも常連客のレベルも日本一の鮨屋だそうで、16の小僧がよくぞぶち上げたものだった。

 

これを「新両国国技館」ではなく、2020年の「東京オリンピック」に置き換えたら、僕たち日本人のフリーランスが準備するべきことは沢山あると思います。

どの人脈と懇意にすべきか?

当面、僕はそれを考えることにします。

 

世の中、カネよりヒト。カネでヒトを買う、という発想。

 

さらに「ゲソ」はこう続けます。これは、鮨職人の先輩である北島さんにお金を貸してくれと頼まれた金森がゲソに相談したときの場面です。

 

「カネさん、これだけは覚えといてください。思うがままに動かせる手下が1人いれば、そいつを使って10人動かせるんすよ。その10人が手下を作ってくれたら100人動かせるじゃないですか。で、100人動かせたらどうなるか。」

「1000人動かせる?」

「違うっす。あとはもう数がパワーになって何万人でも何十万人でも動かせるようになる。だからまずは最初にどんなキンタマを握っとくか、それが一番のポイントになるんすよ。」

〜略〜

「そういうもんなんすよ。だからとにかく、北島兄さんを金で買うつもりで貸しちゃえばいいんすよ。世の中、金より人なんすから、こいつと見定めたやつのキンタマを握れるチャンスがあったら力業で握りにいかなきゃダメなんすよ

 

だいぶ前の話ですが、僕が知り合いに「投資を始めたんです」と話した時の相手の第一声が、

「誰に?」

だったのです。

僕は驚愕しました。

というのも、当時の僕にとって投資対象といえば「株式」や「知識」だけだったからです。「ヒト」に投資するという発想はなかったのです。

最近になって、「ヒトに投資する」という発想が身につきつつあるのですが、この発想は今後の僕にとって非常に大事だと思っています。

 

どんどん成り上がっていくゲソ。もはや「帝王学」!

 

ゲソはどんどん頭角をあわらすこととなります。
そして、金森との関係性もいつの間にか逆転して、ゲソが金森を「支配」するようになるのです。ゲソが社長となり金森がその部下となるのですが、次の部分は、そのポジション転換を示す会話です。

 

「つまり、どっちにしても最後は社長が表舞台に立って仕切れる構造にもっていくわけですね」

金森は言った。それは違う、と即座に否定された。

「金森、ここが肝心なところだから、よく覚えとけ。表舞台に立つようなやつは馬鹿なんだ。おれの理想は、支配されていると気づかれないように支配することだ」

 

あれ?ゲソの言葉使いが完全に変わってますよ!(笑)

彼は子供のころから身につけた「帝王学」でどんどん成り上がっていきます。

そして、彼の行き着く先とは……

 

 

(60min) 10:00〜11:00

★ケンタのプロフィール★

日本全国のスタバをめぐる「スタバ旅行家」です。
スタバ旅のほか、電子書籍を書いたり、簿記1級を勉強したりいろいろなことに挑戦中!
「スタバ旅」に関しては、2015年12月時点でコンセプトストアを制覇し、現在までに36都道府県のスタバを訪れました。素敵なスタバを探し求めておりますので、素晴らしいスタバがあったら教えてくださいね。ぼくのおすすめのスタバ10選はこちら
もう少し詳しいプロフィールはこちら

★Twitterはこちら(@kentasakako)

スポンサーリンク

 - 読書日記

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

1500万のポルシェをお客に差し出すという世界〜「獅子のごとく」黒木亮

  おはようございます。2月に向けていろいろと準備をしているケンタ(@ …

ゴールデンウィーク明けにあえて読みたい、ダニエル・ピンクの「フリーエージェント社会の到来」

スポンサーリンク ゴールデンウィーク明けは一年で一番つらいかもしれない。 &nb …

読書日記(61)「まぐれ(投資家はなぜ運を実力と勘違いするのか)」ナシーム・ニコラス・タレブ 〜「ゴチになります」なんて言わなくていい!

  おはようございます。ケンタ(@kentasakako)です。 皆さ …

速読だけが読書じゃない!11年かけて読書するとこんなにツッコミ力が増すのか〜「時間のかかる読書」宮沢章夫

スポンサーリンク ここ最近、ぼくは本を読むのがめっぽう遅くて悩んでいます。遅読で …

読書日記(11)「バイアウト」真山仁

  著者の真山仁さんは「ハゲタカ」や「ベイジン」などのM&A関連の小説 …

「マチネの終わりに」がプラトニックすぎて違和感を感じてしまった件

平野啓一郎さんの「マチネの終わりに」という小説を読了しました。 この小説は「アメ …

ブログ運営で迷ったとき、「自分メディアはこう作る!」(ちきりん著)を読むのがオススメ。

今やブログやKindleやYouTubeなどで「自分メディア」を作ることが容易に …

お金は墓場まで持っていけません。〜「貸し込み」黒木亮

おはようございます。ケンタ(@kentasakako)です。 今週はスタバ旅の移 …

為末大の「諦める力」を読んで人生をさくさくロスカットせよ!

小さい頃、「努力すれば夢はかなう」とか「あきらめたらそこで試合終了だよ」とか散々 …

読書日記(25)「パイロットフィッシュ」大崎善生 

  この「パイロットフィッシュ」という小説は以下の出だしでスタートしま …