ケンタの日本全国スタバ旅 (Starbucks trip)

日本のコンセプトストアを制覇した「スタバ旅行家」のケンタが47都道府県のスタバを巡りまくる!

*

夏のスタバ新作「フレッシャーズクールライム」の正直な感想を語ってみます。

   

毎年夏になるとスターバックスでは「フレッシャーズビバレッジ」なるものが登場します。

ぼくは今まで3年間もスタバ旅を続けてきたのに、この夏の風物詩を初挑戦。今年はとりあえず新作には手を出してみようと思っていますが、スタバの新作の回転が早いのなんのって。ついていくのに必死です!

ということで、今日は2017年6月7日に発売されたばかりの「クールライム」を味わってみました。

 

スタバの「リフレッシャーズクールライム」とは?

「リフレッシャーズクールライム」とは、ざっくりいうと、ライムのジュースにグリーンコーヒーから抽出したカフェインが入っている独特のドリンクです。独特といえば、このドリンクをつくるときにパートナーさんがバーテンダーのごとくシェイカーを使ってシェイクするのです。その光景がちょっと面白いです。

ネーミングから想像すると炭酸が入っているのかと勝手に思っていたのですが、炭酸は入っていません。

単純にジュースなんですよね。たしか、以前も「ジュースかよ!」とツッコんだ新作ビバレッジがありましたね。

参考:【12月新作】スタバのホットベイクドアップルはリンゴ好きにはたまらないドリンク

ということでお昼休みのランチ後に一人で今回の新作を飲んでみました。

クールライムは皮肉にも飲みやすいからこそ残念。

先述したように、このドリンクにはカフェインが入っているのですが、コーヒーの風味はほとんど感じられません。でも、単なるライムジュースという感じではなく、その名に「リフレッシュ」とあるだけに、飲んだ後に爽快感が感じられます。やはりそこはカフェインの効果でしょうか。
ドリンクの表面はシェイクしたので泡立っているのがわかります。

スタバの新作クールライム

オーダーするときにパートナーさんが「このドリンクはゴクゴクと飲めますのでサイズはグランデがおすすめです。」といわれました。グランデって!
ちなみにぼくは以下の記事に記しているように普段コーヒーはグランデをオーダーしません。ワンモアレシートがあるからですね。

参考:「スタバではグランデを買うな!」ワンモアコーヒーレシートが魔法すぎる3つの理由

ということで、パートナーさんのグランデ推奨を断ってトールサイズをオーダーしました。

ただこのドリンクに限っていえば、トールサイズって予想以上に小さいのですよ。ラテやフラペチーノだとゆっくり飲めるけど、このクールライムはパートナーさんが言うように「ゴクゴク」と飲めるのです。減りが早い!清涼飲料水のような減り具合です。

 

スタバの新作クールライム

 

このドリンクの残念なところは、皮肉なことに飲みやすくてゴクゴク飲めることなのです。味わう時間が短すぎます。さらにデフォルトでは氷が多めに入っていますので、後半になると水分が多くなり味が薄れていきます。ああ、もったいない。

 

「クールライム」の気になるお値段は?

スタバの新作ってちょっと高額なことが多いのですが、このクールライムはどうでしょうか?税別での価格はこの通りです。

・ショート:360円

・トール:400円

・グランデ:440円

・ベンティ:480円

フラペチーノまでは高額ではないですが、やや高めですね。サイズがあがるごとに40円アップします。個人的にはグランデを頼んでがぶ飲みするのはもったいないかなと。

まずはショートで様子を見て、自分と嗜好があえばリピートすればいいと思います。

夏になれば清涼感のあるドリンクが欲しくなるのもわかりますが、正直、このドリンクをわざわざスタバで飲みたいかと言えばそう思わないです。値段はラテより高いし、ワンモアレシートの恩恵も与れないので、厳しい結論ですがリピートはしないですね。

そうそう、最近はアイスラテにはまっています。期間限定でワンモアラテもやっているので、二杯目を216円で飲めるのでこちらもおすすめ。

 

ワンモアラテの期間中に第3回スタバ会を開催しようかと思いますので、興味あるかたはTwitterとかで適当にご連絡くださいー!
また告知しますね。

スポンサーリンク

 

 
スポンサーリンク

 - 日本全国スタバ旅

おすすめ記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

大阪で新幹線を待っている間にコーヒーでもどうぞ。〜スタバ旅(第97回)大阪・JR新大阪アルデ店

大阪の駅ビルを探索しているとさまざまな喫茶店に目を惹かれました。 さすが大阪!喫 …

松山スタバと坊ちゃん列車ミュージアム
松山という街はもはやスターバックス帝国である!〜スタバ旅(第200回)愛媛・松山市駅前店

今日は愛媛県の松山にやってきました! 千葉から頑張りましたよー! 愛媛の松山に到 …

スタバ旅(ボツ編)撤退することで見えるもの。

ああ、僕はこの記事を書いていいのだろうか? でも、しばし悩んだあげく、書くことに …

鹿児島で一番オシャレなスタバは天文館にあり!〜スタバ旅(第112回)鹿児島・天文館店

宮崎県民が集まるスタバを出て、ぼくは鹿児島へ向かいました。 鹿児島で一泊したぼく …

横浜の新高島というオフィス街に穴場スタバを発見!〜スタバ旅(第137回)神奈川・横浜アイマークプレイス店

ぼくは横浜近辺の穴場スタバを探すため、みなとみらいにある神奈川一号店スタバを出て …

汐留のベストスタバはペディ汐留
東京の秘境スタバ!汐留でスタバに行くならここ1択。〜スタバ旅(第243回)東京・ペディ汐留店

  今回は東京の汐留にやってきました。 前々から思っていたのですが、東 …

富士山を上空から眺めながらモーニングコーヒーする方法。 〜スタバ旅(第109回)東京・羽田空港第2ターミナル南ピア店

本日、宮崎空港へ向け、スタバ遠征旅へと出発しました。 今、この記事を宮崎のスタバ …

ノマドのノマドによるノマドのためのスタバ〜スタバ旅(第60回)代官山 蔦屋書店

最近、TSUTAYA併設型のスタバがどんどん増えていますね。 そこで、今日はその …

とにかく千葉駅で一番広くて快適なスタバ!〜スタバ旅(第36回)千葉・千葉センシティタワー店

こんにちは。ケンタ(@kentasakako)です。 今日は僕の地元、千葉県の県 …

スタバは「混雑」を何とかしないと生き残れないレベル。

日本全国のスタバを巡っていると様々なことを思うのです。 たとえば、「混雑」。 資 …